Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

横浜流星“椿”の切ない表情に反響!「俺の光月庵が…」筋の通った日本男児を好演<私たちはどうかしている>

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

謎多き展開で話題を呼ぶドラマ「私たちはどうかしている」(毎週水曜夜10:-10:54、日本テレビ系)の第7話が9月23日に放送された。光月庵を守ろうと必死の椿を横浜が丁寧に演じ、視聴者の心を掴んだ。(以下、ネタバレがあります) 【写真を見る】3年後の椿、笑顔オフショットも話題! ■ 椿が御菓子を作れなくなった理由 金沢の老舗和菓子店・光月庵を舞台に、和菓子職人の七桜(浜辺)と跡取り息子・椿の恋愛模様をサスペンスタッチで描く同作。原作は、安藤なつみによる同名漫画だ。 七桜にとって椿は、かつて母親を殺人事件の容疑者に名指しされた因縁の相手。事件の真相を知るため、七桜は素性を隠して椿のいる高月家へ。嘘の夫婦になろうとしていた。 第6話で物語は大きく動いた。椿は七桜の正体を知ることになり、火事の後、七桜は姿を消した。続く7話では、3年が経ち、椿の前に再び七桜が現れた。人気の和菓子店「花がすみ」の店主として…。 椿は「花がすみ」を訪れ、七桜に「あの火事の日、どうして何も言わずに消えたんだ」とすがるような目で尋ねた。だが、「お菓子をお求めでなければ、お帰りください」と取り付く島もない七桜に追い返されるように店を後にした。 3年前の火事が原因で、椿は視力を失いかけていた。自分で御菓子を作れなくなったのは、そのためだった。 そのことにただ一人気づき治療を進める七桜に、椿は「園遊会が終わるまで治療は無理だ。園遊会には地元の名士や著名人がたくさん集まる。そこで下手な御菓子を出せば光月庵の評判は地に落ちる!…俺の光月庵が終わる」と治療を拒否。それは第1話で椿が口にした「光月庵を誰からも愛される店にする」という思いと寸分違わぬ、椿の理想の光月庵の姿だった。 ■ 信念貫く椿に反響 変わらぬ信念を貫き、理想の店を作るためストイックに菓子の道を突き進む…そんな椿を、横浜は危ういほどの真っすぐさで表現する。七桜への思いと板挟みになって覗かせる切ない表情も魅惑的だ。 視聴者からも「椿さんカッコ良すぎる…」「お互い好きなのに、もどかしい…椿、切ないね」といった共感の声が上がる。七桜と椿の3年ごしの再会が描かれたこの日の「私たちはどうかしている」は、一時Twitterでトレンドトップ3圏内に入る反響を呼んだ。 光月庵という老舗の味を守りたいのは七桜も椿も同じ。だが、今田解決していない15年前の当主殺人事件が2人の間に立ちはだかる。 次回は9月30日(水)、いよいよ最終回を迎える。 血縁ではなく、より素晴らしい御菓子を作る者を次期当主にするという大旦那(佐野史郎)の決断の元、絶対に負けられない対決に挑むことになった七桜と椿。すべてをかけて大晦日の除夜祭の準備に励む。しかし七桜は、プレッシャーから御菓子作りに初めて恐怖を感じる。一方栞は、椿の子供を妊娠したのが嘘であることを城島(高杉真宙)に告白。ずっと言えなかった真実を話そうと、城島と2人『花がすみ』を訪れる。 (ザテレビジョン)

【関連記事】