Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

リバプールに続きシティも撃破、アルテタ監督が決勝進出を喜ぶ「選手をとても信用している」

配信

超WORLDサッカー!

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、FAカップ準決勝のマンチェスター・シティ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 【動画】グエンドウジのアーセナル初日に密着! アーセナルは18日、FAカップ準決勝でシティと対戦。無観客のウェンブリー・スタジアムでの一戦となったが、アーセナルが強さを見せた。 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大による中断期間が明けた初戦で対戦した際には、0-3で完敗を喫したアーセナルだったが、19分にニコラ・ぺぺのクロスに反応したピエール=エメリク・オーバメヤンが先制。その後はシティの猛攻を凌ぐと、61分にはオーバメヤンがカウンターから追加点。2-0で勝利し、3シーズンぶりの決勝進出を決めた。 アルテタ監督は試合を振り返り、先日のリーグ戦で王者・リバプールに勝利したことも引き合いに出し、勝利を喜んだ。 「我々はこの4日、5日間で起きたことに本当に満足している。おそらく、ヨーロッパで最高の2チームを倒すことは簡単なことではない。選手が何をしたのか。パフォーマンス、ピッチで示した戦いと意思決定のレベルについては選手をとても信用している」 また、無観客のウェンブリースタジアムについてもコメント。ファンが恋しいと心境を語った。 「ウェンブリーの最も優れた点の1つは、試合前の雰囲気や試合中の雰囲気、そしてその日に行われるすべてのプロトコルだ。でも、それがなかった。我々はファンのことをとても恋しく思っている。彼らと一緒に、美しい一日を過ごしたかったが、彼らは家から楽しんでくれただろう」 FAカップの優勝クラブには翌シーズンのヨーロッパリーグの出場権が与えられる。そのことで夏の移籍市場にも影響が生まれるか問われたアルテタ監督は、その影響は大きいと本音を語った。 「我々は多くの会話をしてきた。我々が実施している計画には常に同意があり、現在のビジョンはとても明確だ。我々がm持っている可能性についてであり、現在ではいくつか不確実なものがある」 「我々がシーズンを終える方法、つまりヨーロッパリーグに行くか、FAカップで勝利した場合、明らかに財政的に強くなる。少し辛抱する必要があるが、助けになっている」 準決勝のもう1カードは、19日に開催。マンチェスター・ユナイテッドvsチェルシーの勝者と決勝で相見える。

超WORLDサッカー!

【関連記事】