Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

冷蔵庫の「ドアポケに卵」「収納グッズ多用」は危険! 食中毒菌が増える“NG行動”

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊女性PRIME

冷蔵庫で食中毒菌を増やさないために

 外気温が高い真夏は、冷蔵庫の扉の開閉によって庫内の温度も変化する。 「開閉の頻度を少なくし、長時間あけておくことも避けましょう。食材の表面温度が上がると、結露ができ、細菌やカビ菌が発生しやすくなります。保冷用の冷蔵庫カーテンをつけるのもいいと思います」(金内先生)  また、冷蔵庫用温度計を使ってみるのも手だという。 「冷気が循環していないと霜が付着し、湿気を好む菌が広がる可能性が。食材がぎっしり入ったときに奥側と手前側の温度が異なる場合がありますから、確認してみましょう。食材を探すなどして長時間、冷蔵庫を開けてしまう原因としても冷気の循環を妨げることでも、食材の詰め込みすぎはいろんな意味でマイナスでしかありません。7割程度を心がけましょう」(金内先生)  また意外に見落としがちなのが野菜室。 「野菜は育てるときに肥料として動物の糞を使っているわけです。動物の糞は、O-157やカンピロバクターなどさまざまな菌を保有しています。野菜室の設定温度は冷蔵庫より高く、野菜に付着した土から雑菌が発生するおそれもあるので注意が必要です。食べるときによく洗うのはもちろん、菌を広げないために新聞や袋に入れて保存をしましょう」(金内先生)  さらに冷蔵庫に入れておくだけでは安心できない食中毒の原因がもうひとつある。 「近年、アニサキスといった寄生虫による食中毒患者も増えています。流通システムの発達で、冷凍せずに家庭の食卓に並ぶ魚介類も増えました。冷凍すれば寄生虫も菌も死滅するのですが、鮮度はよくても寄生虫が死滅しないまま食べてしまうことに。魚の内臓に寄生していることが多いので、食べるときにはしっかり火を通す、細かく切るなどして十分に気をつけましょう」(大河内先生) 【冷蔵庫NGアクション】  食中毒予防3原則は、食中毒菌を“つけない、増やさない、やっつける”こと。冷蔵庫では徹底した、つけない、増やさない対策が重要です! NG1.奥までぎっしり食材を入れている  さまざまな食材が雑多にギュッと詰め込まれていると、開閉の回数も増え、冷蔵庫を開けたまま食材を探す時間もかかる。また、背面に冷風口が設置されている(メーカーによる)ので、奥まで食材が詰まっていると、冷風がうまく循環せず庫内の温度が上昇し、菌が増える可能性が。 →OK! 食材は手前によせ、7割収納を心がけて NG2.ドアポケットに卵を入れている  開閉することによっていちばん温度変化が高いドアポケット。温度変化により殻が結露した場合、殻の“気孔”がふさがり雑菌が増殖してしまうおそれが。さらに、振動によって卵の殻が割れてしまった場合、微量でも殻にサルモネラ菌が付着していたら、菌がヒビから内部に入り込み増殖してしまうことも。 →OK! ほかの食品と接触を避けて庫内に収納 NG3.収納グッズを多用する  冷蔵庫が整理されて便利な収納グッズも、入れっぱなしになってしまうと食べかすや液だれが付着したままとなり菌が繁殖しやすい環境に。 →OK! 収納グッズをまるごと定期的に洗う癖をつけよう NG4.調味料の液だれ放置  ドアポケットや庫内の棚板にこびりついたままの液だれは、放置して時間がたつと、雑菌の温床に。ほかの食材に付着して菌を広げる原因にも。 →OK! 庫内は隅々まで清潔に! NG5.カレーを鍋ごと保存する  カレーなど粘度の高い食べ物を大きい入れ物のまま冷蔵庫に入れると中心部が冷めにくい。その間、雑菌が増えやすくなってしまうばかりか、温かいままの鍋の場合は庫内の温度も上がってしまい、ほかの食材にも影響が。 →OK! 保存袋に移し流水などで冷やしたあと、なるべく平らになるよう保存を

【関連記事】