Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

冷蔵庫の「ドアポケに卵」「収納グッズ多用」は危険! 食中毒菌が増える“NG行動”

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊女性PRIME

「“冷蔵庫に入れておいたから大丈夫”といった認識は、真夏においては特に危険な考えです。なぜなら、細菌は冷蔵庫程度の温度では死なないからです」 【写真あり】8月は特に危険! 食中毒の月別発生数や病原菌別にみた患者数をグラフでチェック  と、語る宮城大学の金内誠教授。冷蔵庫の「中」設定では、温度は3~6度とされているものが多いが、その環境でも増える菌も存在するという。

冷蔵庫の温度では食中毒は防げない!

「感染者数も多いカンピロバクター菌ですが、冷凍されることなく市場に出回っている国産鶏肉の多くがこの菌に汚染されているともいわれています。買った後に長時間外に出しておくと、菌は増殖しますし、冷蔵しても菌は死にません。また、生肉から感染する大腸菌や、卵の殻などに付着しがちなサルモネラ菌などは比較的低い温度で発育する雑菌で、環境次第では冷蔵庫内で菌が増える可能性もあります」(金内先生)  生肉には食中毒菌が付着していることを前提で取り扱ったほうがよさそうだ。調理ずみの惣菜も、冷蔵庫に入れたからといって安心はできない。 「食品は加熱殺菌が重要ですが、加熱をした後でも温かいまま冷蔵庫に入れてしまうと、カレーなどの粘度が高い食品は中心部の温度がなかなか下がらず、温度ムラができるためウェルシュ菌が発生しやすくなります」(金内先生)  食中毒でクリニックを訪れる人の傾向を総合内科の大河内昌弘先生に伺った。 「生魚や食べた肉に十分、火が通っていなかったことが原因で食中毒になってしまう人が多いですね。コロナの感染対策意識が特出して高まっていますが、食中毒もコロナと同じく、持病を持っている人や、高齢者がかかってしまうと死にもつながる恐ろしい感染症です。嘔吐(おうと)の症状がひどいと誤嚥(ごえん)性肺炎なども引き起こしますし、その後の合併症によって重症化する可能性もあります」(大河内先生)  潜伏期間もさまざまだという食中毒だが、胃腸風邪などとの見分け方は。 「夏場は特に食べたものや、周りで同じような症状の人がいないかを確認します。同じ嘔吐・下痢でも、胃腸系の風邪と違って食中毒の場合は抗生物質の投与が効果的ですから、少しでもその疑いがあれば医師に相談することをおすすめします」(大河内先生)  冷蔵庫保存の盲点を意識して、しっかり食中毒対策を!

【関連記事】