Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

中丸さん(若松出身)の赤べこ画 年賀はがきに採用

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
福島民報

 会津若松市出身で日本郵便の切手デザイナー、中丸ひとみさんが描いた「赤べこ」のイラストが二〇二一(令和三)年用のお年玉付き年賀はがきに採用された。  中丸さんの作品は社内のデザイナーによるコンペの結果、寄付金付絵入り年賀はがき全国版の通信面(裏面)に選ばれた。干支(えと)の丑(うし)にちなみ、会津を代表する民芸品の赤べこと梅の花を組み合わせ初春らしいデザインに仕上げた。赤べこと梅の花は送り手のメッセージと調和しやすいように配置している。  中丸さんはサンリオを経て、二〇〇七(平成十九)年に旧日本郵政公社に入社した。「野口英世アフリカ賞」の記念切手や「おもてなしの花」シリーズなどの切手デザインを手掛け、日本郵便のキャラクター「ぽすくま」も考案した。年賀はがきに作品が採用されるのは今回が初めてという。「郷土の玩具である赤べこを題材にしただけに、二重にうれしい」と喜んでいる。  二〇二一年用の年賀はがきは十月二十九日に全国で発売される。

【関連記事】