Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

本当に煙が出ない? 話題の焼き肉ホットプレート「やきまる」を使ってその凄さを体感!

配信

食楽web

 家庭で焼き肉をする際、一番気になるのが「煙」ですよね。最近ではさまざまなメーカーが“無煙”を謳うホットプレートを発売していますが、「どれを選べばいいか?」と問われたら、真っ先におすすめしたいのがイワタニの「やきまる」です。  一見するとよくあるホットプレートのようですが、実は細やかな工夫が施されています。そんなやきまるの、おすすめのポイントをご紹介しましょう。

コンパクトサイズなので少人数向き

 やきまるは、カセットボンベ式の焼き肉専用グリルです。サイズは幅303×奥行278×高149mm、重さは約2.0kg。一般的なカセットコンロをひと回り小さくしたぐらいの、コンパクトなサイズ感となっています。  電源を使わないので、ベランダやキャンプでも使いやすいのがいいところ。ただし、プレート部分は直径約24cmほどなので、3~4人での使用が限界かなという印象です。 「イワタニカセットガス」の使用が推奨されており、連続燃焼時間は約217分となっています。火加減はつまみを回して調整する仕様で、使い方に困ることはないでしょう。

落ちた脂が水皿に落ちるから煙が出ない

 プレートの下にある水皿に230mlの水を入れたら、あとは点火して肉を焼くだけ。直火でプレートを温めるので、短時間で肉が焼けるのもやきまるならではです。バーナーと焼き面の間に適度に熱がこもる構造なので、焼き面は約210~250℃の高温でコントロールされます。

 プレートには穴が空いており、そこから肉の脂が水皿に落ちるようになっています。脂は250℃を超えると煙が出る特性があるのですが、脂がうまく水皿に落ちるので、いくら肉を焼いてもほとんど煙が出て来ないんです!

 これがプレートの表面の溝。裏面の4か所の突起で隙間を作って脂を効率的に落とし、バーナーに脂をかけないよう7mmの壁が設けられているんです。

 もし、少し煙が出始めたら、それは水が足りない証拠。付属のプレート用取っ手を使ってプレートを持ち上げ、水を追加してください。  使ってみて気に入ったのが、焼き肉屋のプレートのようなその見た目。家で食べているのに店で食べているような感じがするので、ちょっといいお肉を買ってくればもう焼肉屋に行く必要はないんじゃないか、という気さえしてきます。

【関連記事】