Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【漫画】40代のヴィジュアル系、「加齢」を心配して青汁を愛用…舞台裏がギャグ!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
マグミクス

美の演出の裏で「老い」と戦う姿が切実…?

 47歳にしてヴィジュアル系バンドのカリスマボーカル、美獣鴉琉荊(ミシン・カルケ)。退廃的な美しさを追求し、自らを「暗黒美」、ファンを「囚人」と表現する、独特の世界観で活動してきました。しかし彼が今ひそかに気になっているのは「老い」。ファンに見せる姿とは真逆の「健康志向」な素顔をひた隠しにしながら、彼は今日も美の世界を全力で演出しているのです……。 【マンガ】「青汁なんて飲んでない!」必死に否定… 本編を読む  マンガ『BLOOD+』の作画を担当した漫画家・桂明日香さん(@asuka_katsura)による創作マンガ『迫りくる加齢と戦う47歳ヴィジュアル系バンドマン』がTwitterで公開されました。こちらは「コミックDAYS」で連載中のマンガ『47歳、V系』からの抜粋で、アーティストとしての美にこだわりながらも、「青汁」「健康酒」など、老いへの不安を隠しきれない美獣の姿に、読者から「面白い」「大好き」「切実」などの声があがりました。  作者の桂明日香さんに、お話を聞きました。 ーー桂明日香さんの漫画家としてのデビューのきっかけを教えて下さい。  地元の一般企業で普通に働いていたのですが、あまりに働くのに向いていないので、漫画家になろうと20代前半で上京しました。その後1年ほどフリーターをやりながらマンガも描かずフラフラ遊んでいたのですが、東京でできた友達に「何で上京したの?」と聞かれ、「漫画家目指そうかなって」と言ったら「全く描いてないじゃん!! アシスタントでもしなよ」と言われました。それでその友達に「ここでアシスタント募集してるよ!」と紹介されたところに応募して雇っていただきました。  そのアシスタント先の先生から編集さんを紹介してもらい、作品を見ていただき新人賞に応募、無事受賞し、受賞作品がそのまま連載になりました。たまたま私のような作風が少なかった時期のようで、運が良かったなーと思います。 ーー『迫りくる加齢と戦う47歳ヴィジュアル系バンドマン』のお話はどのようにして生まれましたか?  女性誌で何か企画を立てようということになり、女性誌なら美形がいた方がいいだろう→アイドルものがはやってる→アイドルものをやろう、と短絡的に考えたのですが、私自身ステレオタイプな美形が苦手。駄目な美形なら愛せるかな? ということで、「アイドルにアイドルとしてNGなことをさせるギャグマンガ」を思いつきました。  どう描けば駄目な部分でギャップを出せるか考えていくうちに、「老いを気にするアイドル」の話は面白いな、老いや健康と一番遠い立ち位置の美形と言えばV系(ヴィジュアル系)かな、となり、このマンガができました。 ーー作品に対する反応で、特に印象に残った読者の声について、教えて下さい。 「いくらお金があっても健康は買えない、というのは一見正しく感じるが嘘です。身体を壊してもお金がないと通院もできない。金持ちの方が寿命が長い、それは健康を買っているとも言える」というようなことを言ってた方がいて。それはその通りなんですよね。美獣は自分がお金があるからこそ「お金があっても健康は買えない」と言ってしまうんだよな、と。改めて経済格差について考えてしまいました。

【関連記事】