Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

霜降り明星せいや「テセウスの船」過激なセリフ練習で通報された でも…警察も『ラスト知りたくない。帰ろ、帰ろ』

配信

中日スポーツ

 3日の日本テレビ系情報番組「スッキリ」(月~金曜午前8時)で、お笑いコンビ「霜降り明星」のせいや(27)がドラマのセリフ練習の声が大きすぎて警察に通報されたエピソードを明かした。  取材した芸能イベントから出題する「クイズッス」のコーナー。5月31日に開催された「いいかも!オンライン飲み『ASAHI SUPERDRY VIRTUAL BAR』」に出演したせいやを直撃した。  せいやは、出演していたTBS系ドラマ「テセウスの船」の最終回のセリフを覚えようと自宅の風呂場で練習していたという。真犯人と発覚するクライマックスシーンで、「殺してやる」など過激なセリフを感情をこめて大声で言っていたとこころ、近隣住民が怪しんで警察に通報。7人ほどの警官が駆け付けたという。「説明したら、警部補さんらしい人がドラマを見ていたらしくて『ラストを知りたくない。帰ろ、帰ろ』って引き揚げたんですよ」  イベントには相方の粗品(27)、「乃木坂46」白石麻衣(27)も出演し、オンラインのままインタビューに登場。自粛期間中の過ごし方を聞かれ、粗品は「オンラインゲーム」、白石は「料理ですね。炊き込みご飯やブリ大根を作りました」と話していた。

【関連記事】