Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

李登輝元総裁死去 放送されなかった15年前の単独インタビュー全文がいま明かされる

配信

FNNプライムオンライン

台湾の民主化を進めた李登輝元総統が、30日夜、死去した。97歳だった。 筆者は2005年、訪米中の李氏に単独インタビューをした。日中、台中関係が緊迫する中アメリカ・ニューヨーク市内で行われたインタビュー。15年の時を経て当時放送されなかった歴史的インタビューの全文を紹介する。 【画像】親日家であった李登輝氏は日本の政財界とも幅広く交流していた 2004年訪日の際の画像を見る

2005年秋李登輝氏訪米をキャッチ

「李登輝が訪米するらしい」 2005年秋、「李登輝訪米」の第一報がフジテレビのニューヨーク支局に飛び込んできた。当時支局長だった筆者は、李氏が米メディアのインタビューを受けるとの情報をキャッチし、何とか李氏にインタビューできないかと様々なコネクションを使って李氏に接触。 そして秋が深まる10月15日、マンハッタンのミッドタウンにあるホテルの一室で、フジテレビによる単独インタビューが実現した。 当時82歳だった李氏は夫人とともに、2001年以来4年ぶりに訪米した。アラスカ州知事の招待を受け10月11日にアラスカに到着、14日にニューヨーク、その後首都ワシントンを訪れた。首都を訪れるのは88年の総統就任以来初めてであった。 当時の緊迫する台中関係を受け、李氏はあくまで私人として訪米したので、米国政府との正式な接触は無かった。しかし、米議員主催の歓迎式典で熱烈な歓迎を受けたと、当時の産経新聞に書かれている。 「大きな人だな」 李氏と初めて会った私の第一印象だ。決して広くはない部屋で対面した李氏は、身長180センチと筆者より背が高く、人を優しく包み込むような空気を纏っていてさらに大きく見えた。 インタビューは英語の予定だったが、李氏から「日本語でいいですよ」といわれ、質疑応答は日本語で行われることになった。以下インタビュー全文(一部表記などを修正しています)。

どの国も中国を攻めないのに軍事費増強は不可解

――最近の中国の軍事力の増強どう見ているか? 李氏: アメリカの国防省がシンガポールで「どこの国も中国を攻めることがないのに、なぜ2桁の軍事費増強をしていますか?」という発言をしたようです。私はこの言葉を非常に正しいと思う。どこの国も中国を攻めないのに、軍事力を拡大する目的は何なのか不可解だ。中国の「1つの中国」に関連した大きな問題だと思います。 ――台湾にとって中国は脅威ですね? 李氏: そうですが、台湾とアメリカの関係をみれば、中国が軍事力をいかに高めても台湾を攻めるのはちょっと無理じゃないですか。中国はアメリカの現在の軍事力をよく知っているはずだ。1995年にはミサイルを撃てば台湾人が降参するという考え方が非常に強かったようだが、いまの主席(胡錦濤)は非常に変わった。台湾に圧力を加えるとそれは逆の効果をもたらすだけの話だと。もう少し時間をかけて台湾にムチを打たず、むしろ飴玉を食べさせたらどうかという政策に変わりつつあると。 今年(2005年)反国家分裂法(※)が制定されましたが、これが何を意味するかというと、長い間時間待って、もししょうがない時にはこの方法で台湾を「処理」するという考え方が入っているじゃないかと。この法律にはいろんな問題がありますが、テレビの前でははっきり言えません。ただ、まず飴玉を食べさせて後で何をするかということは、推測すれば分かると思います。 (※)2005年、中国が台湾の独立阻止を目的に採択した国内法。台湾への武力行使を示唆したといわれる。

【関連記事】