Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

元女優も参加 婚活パーティーの参加者はバラエティに富んでいた

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリー新潮

 57歳からの再婚を目指して、婚活サイト、結婚相談所、婚活パーティーに挑んできたフリーライターの石神賢介氏、経験したうえで一つの結論に到達する。それぞれのサービスにはメリット、デメリットがあり、向き不向きがある、ということだ。その適性を知らずに挑戦しても空振りに終わる可能性は高い……。 (文中の紹介文、登場人物はプライバシー保護の観点から一部を変更してあります)  ***

 婚活パーティーに参加して再認識したことがあった。  婚活のメインストリーム、つまり婚活サイト、結婚相談所、婚活パーティーの3つのなかで、僕に関しては婚活パーティーが向いている。“ライブ”だからだ。そして、ある程度ハンディをカバーできる。  57歳で、バツイチで、フリーランスの記者は、婚活市場では概ね不利だ。ジジイで、バツイチで、経済的に不安定。3つもハンディを抱えている。  婚活サイトと結婚相談所は、プロフィールからスタートする。容姿のいい、いわゆるイケメンで、年収2千万円で、年齢が20代から30代前半あたりならば、プロフィールの時点で有利な立場で女性にアプローチできるだろう。  しかし、僕の場合は、その第一歩のプロフィールに、ハンディが明記されている。その時点で女性にははじかれる可能性が高い。それでは会えない。リングに上がることなく、敗北しているのだ。  一方、婚活パーティーは最初から対面だ。リング上から始まる。男女ともプロフィールにある記述よりも、自分の目で見て会話した第一印象で相手を判断するだろう。57歳という年齢も、ある程度カバーできる。静止した写真ではジジイでも、声を発し、表情が変化し、身振り手振りがあると、実年齢よりもいきいきと見せることができる。 「ウヌボレるな」とツッコまれそうだが、僕の場合は職業的なアドバンテージがあるように感じたのだ。フリーランスの記者なので、日常的に初対面の相手と会話をしている。だから、女性の容姿がよほど好きなタイプで緊張しまくらない限り、婚活パーティーではひるまない。営業職や、プレゼンテーションの機会が多い職種の人もたぶん同様に有利だと思う。  実際に青山の婚活パーティーでは、サナエさんを含めて3人から交際のリクエストをもらえた。10人のうち3人、野球にたとえれば、3割バッターだ。この時点で、婚活サイトでは5人にアプローチしてマッチングは1人、結婚相談所では20人にお見合いを申し込んで会えたのは1人。苦しいスタートだった。だから、なおさら婚活パーティーにアドバンテージを感じた。  では、婚活サイトや結婚相談所が向いているのはどんな人だろう……。  まず、たとえばコンピュータ関係や研究者など人と接することが少ない仕事に就いているケースだ。コミュニケーション能力に自信がなくても、プロフィールの閲覧から始まる婚活サイトや結婚相談所ならばカバーできる。  メールのやり取りが多い仕事ならば、婚活サイトを通してメッセージを何度も交換して、心の距離を十分に近づけてから会えばいい。  高収入の男性はどんな婚活ツールでも有利だが、婚活サイトや結婚相談所では特にインパクトは強い。女性は男性に経済力を強く求めているからだ。  ただし、女性側は、婚活サイトや結婚相談所に登録している男性に、高収入、イケメン、高学歴、婚歴なしの男性を見つけたら、すぐに飛びつかずに、慎重に検討したほうがいいだろう。そんな好条件の男性がシングルでそうそう残っているわけがないからだ。“優良物件”は周囲の女性が放っておかない。残っている背景には、借金、ギャンブル、暴力……など、何かしら婚活をしている理由がある可能性も否定できない。独身証明書を提出していない婚活サイトならば、妻帯者がナンパのために登録している可能性も疑うべきだろう。  婚活は、時間とコストをかけられるならば、機会は多いほうがいい。結婚相談所も婚活パーティーも、全部やるべきだ。どこにチャンスがあるかわからない。  でも、どれか一つから始めるならば、自分に合うツール、アドバンテージを感じるツールを選ぶべきだろう。

【関連記事】