Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ポグバの圧倒的スケール感。 常識外れのプレーが生む強さの正体

配信

webスポルティーバ

サッカースターの技術・戦術解剖第9回 ポール・ポグバ <新しい世界チャンピオン>  サッカーワールドカップに優勝国を輩出した大陸は2つしかない。ヨーロッパか南米だが、もし第三の大陸から優勝国を出すとしたら、アフリカだろうと言われていた。 【動画】ポール・ポグバのプレー集&イメージ動画  アフリカと言っても範囲は広いが、とくに黒人選手の身体能力は1970年代からすでに注目されていて、組織力をプラスすればヨーロッパ、南米を脅かす存在になると予想されていたわけだ。  しかしアフリカ勢は、今度こそと期待されながら、優勝はおろか、ベスト4にも到達していない。2002年日韓W杯で韓国がベスト4入りしているので、アジアに先を越された格好である。  ただ、実質的なアフリカの優勝は、すでに実現していると言っていい。  2018年ロシアW杯ではフランスが優勝したが、主力6人が黒人選手だった。完全にではないが、半分以上はルーツがアフリカなのだ。サミュエル・ウムティティ、ラファエル・ヴァランのセンターバックコンビ、ポール・ポグバとエンゴロ・カンテの2ボランチ、サイドハーフのキリアン・エムバペとブレーズ・マテュイディである。白人選手はGKウーゴ・ロリス、SBのベンジャマン・パバールとリュカ・エルナンデス。2トップのオリビエ・ジルー、アントワーヌ・グリーズマンだった。

そもそもフランスは、プレースタイルが明確でないので気づきにくいのだが、優勝したチームのスタイルはかなりアフリカ的だった。  この大会のフランスの特徴は「負けにくさ」だ。相手を圧倒するまではいかないが、どんな相手にも負ける気がしない。個々の身体能力の高さで、ぎりぎりでも相手の攻撃を防いでしまう。4-4-2で守る時の中盤のラインは全員黒人選手で、ここの強度が出色だった。  さらにセンターバックのウムティティ、ヴァランは、高さ、強さ、スピードがあるので、最後の一線も死守できていた。とくに守備的というわけではないが守備が強力で、どんな相手にも簡単にはやられない。試合を膠着させ、エムバペの驚異的なスピードを前面に出した速攻で得点を狙った。  組織はフランス、と言うかヨーロッパのものだが、そこに特徴があったのではない。個々の身体能力による守備範囲の広さが、月並みなゾーンの守備ブロックを特別な域に引き上げていたのだ。つまり、普通のサッカーをやる並み外れたアスリートたちが、ロシア大会のフランスで、アフリカ人のサッカーのひとつの理想像を示していたと思う。 <フランスを象徴する選手>  ポール・ポグバは、そんなフランスを象徴する選手である。  長い手足、瞬発力、スタミナ、パワー、柔軟なテクニック......フランス的であり、アフリカ的な傑物だ。ロシアW杯ではエムバペを走らせるパスを再三供給していたが、そのパスレンジの長さが独特だった。

【関連記事】