Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

永瀬廉「King & Princeにも還元できる」グループ愛を胸に駆け抜けた映画『弱虫ペダル』

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 King & Princeとしての活動に加え、個人でも活躍の場をますます幅を広げている永瀬廉。2作目の主演映画『弱虫ペダル』が、8月14日(金)に公開を迎える。累計2500万部を超える同名の人気コミックを実写映画化した本作。あることをきっかけに総北高校の自転車競技部に入部し、仲間のために自分の限界や壁を越え、レースで勝利するための努力を覚えていく主人公・小野田坂道を永瀬が演じている。  永瀬は今年2月のクランクインに先駆けて、舞台の公演中だった昨年12月から自転車の練習を開始。撮影では自転車競技経験者のトレーナーが「プロでもキツイ」と話す坂を一発で上り切るなど、過酷な自転車走行シーンを見事に演じ切った。まさに“努力の人”という印象だが、本人にそのことを伝えると、謙遜した表情を見せる。謙虚にひたむきに頑張るその原動力は、どこにあるのか。話を聞いていくうちに見えてきたのは、坂道と同じくグループの仲間を思う心と、演じることへの喜びだった。

大変さよりも「ワクワク」多忙な中スタートした自転車練習

――舞台「JOHNNYS’ IsLAND」の公演中から自転車の練習を始められたとのことですが、体力的なきつさはありませんでしたか? 永瀬:ジャニーズの舞台は、お芝居も歌もダンスもメインというくらい、本当にいろいろなことをやるんです。その中での自転車練習だったので、やる時は休演日か、夜公演だけの日に午前中早く入ってやっていました。その頃は大変だったんでしょうけれど、今思うと大変だったという記憶はそんなにないです。 ――大変だった記憶がないのは、どうしてだと思いますか? 永瀬:撮影自体が楽しみだったというのはあります。多くの方が知っている『弱虫ペダル』という作品に携われる、演じられるということにすごくワクワクしていたので、頑張れました。 ――クランクイン後は過酷なロケの連続だったと思いますが、大変だったことを教えてください。 永瀬:コロナの影響で撮影が中断になったこともあって、寒い時期の撮影と暑い時期の撮影を両方体験しました。特に冬が大変で、気温が一桁しかない時に、上は半袖、下は膝上のユニフォームで撮影をしていたので、寒さで身体が凍り付きそうになりました。 ――自転車の走行シーンについてはいかがですか? 永瀬:隊列という、1列に並んで走るシーンがすごく大変でした。自転車と自転車の幅をできるだけ詰めながら、タイヤとタイヤをギリギリまで近づけた状態で走るのですが、スピードを合わせるのがすごく難しくて、何回か撮り直しました。隊列から1人だけ離れていると隊列が崩れているように見えますし、リアルではなくなってしまうので。それに、渋滞が発生するメカニズムと一緒で、先頭が少しでもスピードを緩めると、後ろがどんどんブレーキをかける幅が大きくなってしまうんです。あらゆる面で難しかったです。 ――反対に1番嬉しかったことは何ですか? 永瀬:今でも忘れられないのは、大会のスタートのシーンです。観客役の皆さんをはじめ、エキストラの方もたくさん集まって下さったんです。あれはテンションが上がりました。みんなと走りたい一心で頑張ってきた坂道にとって、大きな舞台で走れる喜びに満ちたシーンなのですが、坂道としてだけでなく、普通に永瀬廉としても楽しんでいました。「チーム総北で走れる!」と思うと、嬉しくなりました。

【関連記事】