Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ禍でも「給料は変わらない」?みんなの「コロナ禍のお金事情」とは

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
LIMO

新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により、私たちの生活は大きく変わりました。特にお金の面では支出が増えたり、給料が減った人もいて、家計にも打撃を与えたのではないでしょうか。 この記事のグラフを見る そこで今回はauじぶん銀行㈱が行った「コロナ禍におけるお金への意識」に関するウェブアンケートをもとにして、お金の考え方の変化を見ていきましょう。

「コロナで働き方が変わった」と感じる人は半数以上も?

auじぶん銀行㈱が行った「コロナ禍におけるお金への意識」に関するウェブアンケート(調査対象:ビジネスパーソン男女計500名、調査期間:2020年6月1日~6月3日、調査方法:ウェブアンケート調査、調査主体:auじぶん銀行㈱)において、「COVID-19によって働き方にどのような変化があったか?」と質問をしたところ、「在宅勤務になったが、勤務日数は変わらない」が25.8%、「勤務日数が少なくなった」が18.0%、「休業した」が9.0%、「失業した」が1.0%となり、半数以上が影響を受けたことがわかりました。 一方で「何も変わらない」と答えた人も44.4%となり、職種や職場の環境によっても影響の度合いが違うことがわかります。

コロナでも給与は変わらない人は約6割

給与の変化についても質問をしたところ、「変わらない」が59.6%で最も多くなっています。一方で「減った」が37.8%となり約3人に1人は給与への影響があったことがうかがえます。 給与が減った分の埋め合わせとしては、「節約をするようになった」が67.7%、次に「貯金を取り崩した」が40.7%、「他の職を探している(副業など)」が13.2%となり、減った分をどうにか補うことを考えていることもわかりました。

給与変わらなくても、「支出が減った人」?

COVID-19によって支出にどんな影響があったのかと質問をしたところ、「変わらない」と回答した人が43.8%という結果になりました。支出が増えたのか、それとも減ったのかに関しては、支出が「増えた」が18.2%、「とても増えた」が2.2%で20.4%の人が増えたことになります。逆に支出が「減った」が30.6%、「とても減った」が5.2%でトータル35.8%が減ったと回答しています。 増えた分の支出の中身を見てみると、「食費(自炊)」が45.2%で最も多く、次いで「水道光熱費」が34.4%、「デリバリー出費」が23.6%となり、家にいる時間が長くなったからこその支出が増えたことがわかります。 逆に減った分の支出については、「外食費」が50.0%、「友人との交際費」36.2%、「交通費」34.2%、「衣服」25.8%で外出自粛の影響を大きく受けたことが見て取れます。

【関連記事】

最終更新:
LIMO