Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

武藤彩未「皆さんにとっての楽しみの一つに」いまの想いとは:インタビュー

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MusicVoice

 シンガーの武藤彩未が9月2日に、配信シングル「マーマレード」をリリースした。2019年12月にduo MUSIC EXCHANGEで行ったライブ『Together for White Eve』をおこない、2020年3月にミニアルバム『MIRRORS』をリリース。『MIRRORS』のインタビューで「ここからはノンストップでいっぱい新曲を出していきたい」と活動意欲を見せていた武藤彩未が、約半年ぶりにリリースした『マーマレード』は甘酸っぱく、少しほろ苦い恋模様を描いた1曲で今作も作詞を担当した。インタビューでは近況を聞くとともに新曲の制作背景、「マーマレード」の歌詞にちなんで、もし時間を戻せるならどの時代に戻りたいか、さらに今彼女が極めたいことなど話を聞いた。【取材=村上順一】

テーマを決めて違うことにチャレンジできたら

――この半年間は、どのように過ごされてましたか。  ステイホーム期間ではあったんですけど、自分の音楽活動は止まってはいなかったので、新曲の歌詞制作だったり、曲のテーマを考えたりしていました。常に先のことをイメージできていた期間で、空いた時間を使ってゲームをしたりしていました。 ――『ポケモンGO』以外ではゲームをするのは珍しいのでは?  そうなんです、普段だったらほとんどやらないんですけど、ステイホーム期間ということもあり、やったことの一つでした。楽しかったですけど、緊急事態宣言が解除されてからは、やっていないんです(笑)。私は家にいるよりもアウトドアの方が好きなので。 ――アウトドアといえば、普段から武藤さんめちゃくちゃ走ったり運動しているみたいですね。  はい。『ポケモンGO』にハマっていた時なんかは、1週間にどれだけ歩いたかをゲームが計算してくれるんですけど、130kmとか歩いていたみたいで(笑)。普段もランニングするんですけど、1回のランニングで調子がいい時は10kmぐらい走ります。 ――いま極めたいと思っていることはありますか。  最近、料理はできた方がいいなと感じました。できないことはないんですけど、この24年間、サボって生きてきてしまったんです(笑)。それもあってステイホーム期間中は料理をがんばって作っていました。肉じゃがとか、煮物系が美味しく作ることができたらいいなと思っています。煮物は極めておきたい料理の一つです。 ――さて、8月15日に行われた配信ライブの手応えはいかがでした。  今回は6月10日に続いて2回目ということもあり、感覚を掴んでいたので、ファンの皆さんから届いたコメントもたくさん読めました。前回よりもリラックスして行うことができたと思います。みんながそばにいてくれているのを感じながら、ライブをすることができました。 ――今回はキーボードを使用しての弾き語りでのライブでしたね。  はい。毎回、何かしらのテーマを決めて違うことにチャレンジできたらなと思っていました。1回目のテーマはアコースティックで、パーカッションを入れて披露させていただきました。2回目のライブは弾き語りだったのですが、これまでなかなか弾き語りの機会がなくて、ワンマンライブでキーボードの方と二人で披露させていただいたりとかはあったんですけど、ここで挑戦してみようと思いました。 ――10月23日にはShibuya WWWXでお客さんを入れてのライブ『武藤彩未 New Release Live ~オレンジ色の気持ち~』が決定しています。  今回、カメラワークでいろんな角度から私を見てもらえることや、コメントで普段届かない声にも応えられるなど、配信ライブの良さも発見できたんですけど、やはりライブはお客さんと一緒に盛り上がるのも楽しいので、今から楽しみです。お客さんがいてこそのライブだなというのを実感します。 ――タイトルに「オレンジ色の気持ち」とありますが、この言葉に込めた想いとは?  夕焼けの中、一緒に過ごす幸せな気持ちを歌っているので、ライブでもそんな幸せな暖かい空間を作れたらいいなと思っています。

【関連記事】