Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日産セレナが一部仕様変更で安全性を向上 e-POWER AUTECHには走りを際立たせた仕様も追加

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEB CARTOP

2台前の車両状況をいち早く察知し危険を回避する機能を標準化

 日産自動車は、人気のミドルクラスミニバン「セレナ」を一部仕様変更し、安全装備などを充実させた。メーカー希望小売価格(税込み)は、257万6200円(X/2WD)~380万9300円(e-POWER ハイウェイスターG)。 【写真】走りを際立たせた日産セレナe-POWER AUTECH SPORTS SPEC  セレナは話題の運転支援技術であるプロパイロット、そしてエンジンは発電のみで100%モーター駆動となるe-POWERなど、多彩な最新技術を搭載。もちろんさまざまなシートアレンジやガラス部分のみの開閉も可能としたバックドアなどを備えて、多くのファミリーから支持されている。  現行モデルは先代よりもさらに安心して乗れるミニバンとなるよう、夜間の歩行者検知性能を向上させたインテリジェントエマージェンシーブレーキをはじめ、踏み間違い防止アシスト、車線逸脱防止支援システムといった全方位運転支援システムを全車標準装備としている。  今回の仕様変更では、インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)を全車標準装備に。これは2台前を走るクルマを検知し、より早く周囲の状況を察知し衝突事故などを回避することが可能になる技術だ。  また、これまでオプション設定だったプロパイロットを、ガソリンならびにe-POWERのハイウェイスターV/Gの両グレードへ標準化。さらに、ガソリンとe-POWERのXV/ハイウェイスターVにオプションで選択できるようになっている。室内ではUSBソケットを1Aから2.4Aへパワーアップさせた。  同時に、日産車のファクトリーカスタムを手掛けるAUTECHが、上質さと走りの良さを磨き上げたセレナAUTECHも仕様変更されている。  セレナAUTECHのなかでも、ハンドリングや加速感など運動性能をチューニングした「AUTECH SPORTS SPEC」を、S-HYBRID車に加えてe-POWER搭載グレードにも設定した(419万2100円/税込み)。セレナシリーズで唯一17インチタイヤを装着し、専用サスペンションやボディ補強、専用コンピューターなどチューニングを施し高い高速安定性や上質な乗り心地を両立。爽快な走りを楽しめる仕様とした。  S-HYBRID車とは特性が異なるe-POWER車のために、専用セッティングを施し、車両特性を徹底的に見直している。これにより、e-POWER車の気持ち良い加速感をさらに際立たせた運動性能が与えられた。  また、ユーザーの好みに合わせてインテリアをコーディネートできる「オーテック・プレミアムパーソナライゼーション・プログラム」も設定。シート素材は本革となり、ストーンホワイト/タン/ブラックから選択が可能に。どのシートカラーを選択しても素材の一部やステッチにはブルーを採用し、AUTECHらしさを表現している。同時に福祉車両に関しても、ベース車同様の安全装備充実といった仕様変更が行われた。

WEB CARTOP

【関連記事】