Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

恩師の東海大菅生・若林監督、巨人・高橋は「後輩の目標ですから」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、巨人6-1広島、20回戦、巨人12勝7敗1分、14日、東京D)巨人は14日、広島20回戦(東京ドーム)に6-1で快勝した。2年目の高橋優貴投手(24)が今季初先発で5回2安打1失点。二回にはプロ初の長打となる決勝の適時三塁打を放つなど投打で活躍し、424日ぶりの白星をつかんだ。  東海大菅生高時代の恩師、若林弘泰監督は東京都内の自宅でテレビ観戦し、高橋の今季初勝利を見届けた。今年8月、母校の3年生が神宮で早実高と引退試合を行った際、あいさつに訪れた。若林監督は左肘痛に苦しんでいたことを知っていたため、悪い報告が頭をよぎったという。「でも、今思えば、状態がよくなっていたので、来られたのかな。これからもチームのために頑張り続けてほしい。彼は後輩の目標ですから」と今後の活躍を願った。

【関連記事】