Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【白内障治療の今】最新の「多焦点レンズ」ってどんなもの?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
OurAge

日進月歩する白内障治療の今をお届け! 眼内レンズを入れることで治療を行う白内障だけど、そのレンズも日々進化。現在一般的となっている単焦点眼内レンズに加え、多焦点レンズも先進医療として承認が進んでいる。そして、多焦点レンズには、2焦点、3焦点の違いのほか、メーカーによる差などもあるという。最新の多焦点レンズについて日本眼科学会専門医・ビッセン宮島弘子先生に伺った。

眼内レンズは日々進化してはいるが、 まだ課題も

「多焦点眼内レンズを入れると、近くと遠くの両方が見やすくなります。ただ両方とも中途半端な見え方になってしまう点は否めません。感覚としては、遠近両用のコンタクトレンズを使用しているときの感じに近いですが、コンタクトよりは眼内レンズのほうがクリアに見えるでしょう」(ビッセン先生) 手元ははっきり見たいが遠くはメガネでもかまわない(またはその逆)、という人は、単焦点レンズのほうがストレスなくおすすめだそう。また現在、先進医療として認められているのは国内承認の多焦点眼内レンズだけど、海外から未承認レンズを取り寄せているクリニックもある。 「眼内レンズは日々進化しており、国内承認レンズだけでも十分に対応が可能です。その一方で、グレア現象(暗い場所で明かりをまぶしく感じる)、ハロー現象(明かりの周囲に光の輪が見える)、コントラスト低下(クリアに見えない)といった多焦点レンズの課題は引き続き抱えています」

2焦点・3焦点レンズの違いとは?

最近は、2焦点に加え、遠・中・近が見える3焦点レンズや、焦点を結ぶ領域が広く、ハローやグレアが少ないEDOF(イードフ)レンズも登場。とはいえ2焦点に比べて見え方が劇的 に向上したとはいえないそう。 「すべての距離がよく見える近未来的なレンズが開発されたとしても、多焦点の欠点をすべて解消できるかというと、数年中には難しいでしょう」(ビッセン先生) 監修/ビッセン宮島弘子先生 1981年、慶應義塾大学医学部卒業。慶應義塾大学病院眼科で研修後、3年間、ボン大学で白内障の新しい手術を学び帰国。2003年より東京歯科大学水道橋病院眼科教授。日本眼科学会専門医。’18年よりアジア太平洋白内障屈折矯正手術学会理事長 イラスト/浅生ハルミン 取材・原文/上田恵子

【関連記事】

最終更新:
OurAge