Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

withコロナ時代のエンタメの形 ドライブインシアター『CINEMATHEQUE』レポート

配信

Rolling Stone Japan

ソーシャルディスタンスを保ったエンターテインメント体験を発信するべく2020年6月13日、14日の2日間イオンモール幕張新都心臨時駐車場スペースにてドライブインシアター形式の映画鑑賞イベント「CINEMATHEQUE」が開催された。 【動画】ソーシャル・ディスタンスを保って駐車場でDJイベント 本イベントへは抽選形式の無料招待での参加者のみに限られたが、2日間で200台の参加枠に対し、1万5000件を超える応募があり、withコロナ時代の「新しい生活様式」に順応し安心して楽しめるエンターテインメントとしての期待値が高かったことが伺える。1970~90年代にかけて各地方に点在したドライブインシアターを体験したことのある世代には懐かしく、若い世代にはFM電波を介して車内で映像の音楽をリアルタイムで体験できることが新しいエンターテインメントとなった。 来場客からは、「車内で会場へ向かう道中での会話や、映画館では叶わない上映中に声を出すリアクションなんかを共有できる特別なコミュニケーションの機会が生まれた」などの声や、会場がイオンモール幕張新都心の臨時駐車スペースということもあり「隣接するイオンモール、コストコなどで車内での飲食物を事前に選ぶ楽しさも味わえた」など、本イベントならではの楽しみ方をそれぞれが満喫している様子がうかがえた。

DJへのコールアンドレスポンスとして車のハザードランプを点灯

本ドライブインシアターイベントを主催するCINEMATHEQUEは、コロナ以前にも大磯プリンスホテルや芝パークホテルのスペースにて同社が保有する巨大スクリーンを使用した映画鑑賞イベントを開催していたこともあり、「とにかくエンターテインメントを止めたくなかった。図らずも自分たちが以前から開催していたイベントがソーシャルディスタンスをキープしたまま楽しめるシステムなので、都心に限らず地方の皆様にも楽しんでもらえるきっかけを作っていきたい」と話す。 映画公開前にはスクリーン横に配置されたトラック車内特設DJブースより6月13日にDJ HASEBE、6月14日には田中知之によるDJプレイも披露された。映画の音声のみならずDJプレイも車内搭載のカーステレオよりFM電波をチューニングし「音」を楽しむシステムとなっており、会場はファミリー層も多く参加していたこともあり親しみやすくキャッチーなダンスミュージックに身体を揺らし、車内からのコールアンドレスポンスとしてヘッドライトやハザードランプを点灯させる光景が見られた。 コロナショックを受け、変わらざるを得ない状況に差し掛かっている音楽シーンや自身について田中知之は、「自粛期間中はスタジオで制作を続けながら、クラブやライブハウス、ファンに対して自身が出来ることは何だろうかと日々考えていました。仲が良いヴェニューには敢えて今は営業しない方が良いとアドバイスをさせてもらったり、配信での表現が当たり前になるのがわかっていたからこそ、配信でファンに楽しんでもらえる“クオリティ”の追求をクラブと共にディスカッションをしていました」と振り返る。

【関連記事】