Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「エスコバルの悲劇」から26年 OG瞬間の1枚に追悼続々「心が痛む」「ひどい話」

配信

THE ANSWER

1994年のW杯米国大会でOGを犯したエスコバルは母国で暴漢に射殺された

 26年前の7月2日、サッカー界が悲しみに包まれた。1994年に開催されたFIFAワールドカップ(W杯)米国大会、痛恨のオウンゴールを犯したコロンビア代表DFアンドレス・エスコバルが1次リーグ敗退後、母国で暴漢に射殺された。米スポーツ専門局「ESPN」サッカー版公式インスタグラムは命日の7月2日に合わせ、エスコバルがオウンゴールを犯した瞬間の写真を公開。海外ファンからは「未だに心が痛む」「なんという悲劇だ」などとコメントが寄せられている。 【画像】「未だに心が痛む」と追悼続々 ボールは自軍ゴールへ、キーパーも逆をつかれて…米メディア公開の「エスコバルの悲劇」写真  悲劇から26年が経過した。開催国アメリカ戦。黄色のユニホームのエスコバルはゴール前へのクロスをクリアしようと体を投げ出したが、足に当たったボールは自軍ゴールへ。驚いた表情のキーパーも逆をつかれるような形でオウンゴールとなってしまった。この1点もあり、コロンビアは1-2で敗北。1次ラウンド敗退が決まった。 「ESPN」サッカー版公式インスタグラムは、W杯史上最悪の事件を引き起こすきっかけとなった悲劇のシーンを写真で公開。「26年前の今日、アンドレス・エスコバルが悲劇的な死を遂げたことを思い出して欲しい。彼は、コロンビアのW杯敗退のきっかけとなった自身のオウンゴールから10日後に銃で殺された」と文面につづっている。  エスコバルはまだ27歳だった。投稿には「アンドレス・エスコバルは控えめで優しい男だった。なんという悲劇だ」「この試合は未だに心が痛む」「ひどい話だ」「自分はその試合……、しかもゴール裏にいたんだ」「ご冥福を祈ります」「あまりにも早くに亡くなってしまった」など、海外ファンからの死を悼むコメントが並んでいた。

THE ANSWER編集部

【関連記事】