Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

秋の気配 ヒガンバナ咲き始め 鹿児島県内、涼しい朝

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
南日本新聞

 10日は伊佐市や霧島市、鹿屋市などで最低気温が20度を下回り、涼しい朝となった。各地でヒガンバナが咲き始め、少しずつ秋の気配を感じる時期となっている。 【写真】田んぼのあぜを赤く彩るヒガンバナ=鹿児島市宮之浦町

 鹿児島市宮之浦町では、ヒガンバナの鮮やかな赤い花が田んぼのあぜに彩りを添えていた。  農家が田んぼ周りの草刈り作業に追われる中、時折アゲハが蜜を吸いに訪れた。近くの倉谷友子さん(81)は、「燃えるような赤い花を見るとほっこりする。今年もあぜ一面にきれいに咲いてほしい」と話した。例年通り20日前後に見頃を迎え、月末まで楽しめるという。  鹿児島地方気象台によると、県内の向こう1週間は秋雨前線や湿った空気などの影響ですっきりとしない天気が続く。日差しが少ないため、最高気温は30度を下回る日もあるとみられる。

【関連記事】