Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

インドネシア警察、パプア武装独立運動組織を急襲2人殺害

配信

ニューズウィーク日本版

対話路線の大統領が新型コロナウイルス対応に追われるなか、警察によるパプア独立派への圧迫が強まる

インドネシアの東端、ニューギニア島の西半分を占めるインドネシア領パプア地方で地元治安当局がパプア人武装グループの潜伏先を襲撃。銃撃戦で2人が死亡し、1人が負傷、3人を逮捕し、現場から多数の武器を押収したことをパプア州警察当局が4月10日、一部メディアに明らかにした。 [動画] 死者まで出したパプアの抗議デモ 警察によるとこの武装グループは、3月30日にパプア州ミミカ県で「グラスベルグ鉱山」の事務所・居住区画が襲撃され従業員のニュージランド人(57)1人が死亡、インドネシア人2人が負傷した事件と関係した容疑がもたれているという。  しかし一方で武装グループ側は警察や軍が今回殺害、逮捕したのは襲撃事件とは無関係の一般のパプア人市民で、警察による人権侵害であると批判を強めている。 パプア地方は武装組織による治安当局との衝突が相次ぎ治安状況が極めて悪いことを理由に、インドネシア政府は外国メディアを含めて自由な現地での取材を原則として認めていない。 さらにインドネシアで感染が拡大している新型コロナウイルスの感染拡大防止策の一環としてパプア州は空路、海路が封鎖状態となっており、治安当局によるインターネット接続などの通信制限もあるなど正確な現地の情報が適宜伝わりにくい状況にもある。 <銃撃戦で3人死傷、武器などを押収> そんな現地の状況の中、人権問題に詳しい米政府系放送局「ラジオ・フリー・アジア(RFA)」のネットニュース「ブナ―ル・ニュース」が10日に伝えたところによると、9日にパプア州ミミカ県ティミカで警察と陸軍の合同部隊が寄せられた情報を基に武装グループの潜伏先を急襲した。 この際の銃撃戦で武装グループの2人が死亡し、負傷者1人を含む4人が逮捕された。その後の捜索で潜伏先から手製武器や弾丸162発、多数の弓矢、パプア独立のシンボルである「モーニングスター(明けの明星)旗」などが押収されたとしている。 パプア州警察のアハマッド・カマル報道官はブナール・ニュースに対して、死傷者を含む6人はニュージランド人らを襲撃した武装グループに武器を供給する役割を担っていたとの見方を示し「襲撃事件との関係は明らかである」との立場を示している。

【関連記事】