Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

婚活女性がドン引き!身体の相性ばかりを気にする男たちの「NG言動」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊女性PRIME

 お見合いや交際期間中に、とんでもない発言をしたり行動をとったりする男性がいます。そうした方たちの言動に、女性はドン引きすることもしばしば。ライターをしながら、仲人としても婚活現場に関わる筆者が、目の当たりにした婚活事情を、さまざまなテーマ別に考えてゆく連載。今回は「お見合いやお付き合いにおいてNGな発言とNGな行動」を記します。

別れ際に二の腕を触ってきて、ゾォ~

 先日、お見合いを終えた佳恵さん(35歳、仮名)から、結果を知らせる連絡が入ってきました。その声が憤慨していました。 「今日の昭栄さん(42歳、仮名)は、お断りでお願いします。ご本人は、お写真よりも10歳くらい老けていて、髪の毛も頭頂部もかなり寂しく地肌がうっすらと見えていました。話もひとりよがりで、仕事のこと、趣味のこと、休日の過ごし方など、ご自身の話ばかりを楽しそうになさっていました」  そんな昭栄さんに、佳恵さんは、笑顔で相槌を打ちました。するとますます調子に乗って、話し続けたそうです。そして、お見合いを終えたときに、「あぁ~、今日のお見合いは楽しかった!」と言ったそうです。その言葉を聞いて、佳恵さんは、ぐったり疲れてしまいました。 「 “長い1時間だった。さっそくお断りを出さなきゃ”と思って、ティールームを出たんですね。そうしたら別れ側に、『またぜひお会いしたいです』とおっしゃって、私の二の腕をスゥーッとなでてきたんですよ。もう背筋が震えました」  女性の二の腕は柔らかく胸の感触に似ている部位だと心理学ではいわれています。“まだ親しくなっていないときに胸やお尻を触ったら怒られるけど、腕ならまずは大丈夫”などと説いている男性目線のモテ本もあるくらいです。  しかし、お見合い婚活でいうなら、まだお付き合いするかどうかもわかっていない女性の身体に触れてくるのは、それがどの部分でもレッドカードの行為です。  人にはパーソナルスペースというのがあります。大好きな恋人に触れられたら嬉しく感じることも、信頼関係ができていない相手にされたら、不快以外の何ものでもありません。  以前、女性会員で、お見合いした男性との別れ際に、「きれいな髪だね。僕はこういうサラサラしたロングヘアが大好きなんですよ」と言われて髪をスゥッとなでられた方がいました。彼女も、「身体に悪寒が走った」と憤っていました。  握手も然りで、お見合いを終えて、まだお付き合いに入るか入らないかわからない相手には求めないほうがいい。  逆パターンで、ヤダ~といいながら男性にボティータッチする女性がいますが、それをすると、策略的で男慣れしているように見えますよね。  ボティータッチは、何度かお会いしてお互いの信頼関係が築けてからがいいです。親しくなってからのボティータッチは、2人の距離感をさらに縮めるコミュニケーション術になりますから。

【関連記事】