Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

30代男女の7割超が履くスニーカー。何を重視して選んでいる?

配信

Forbes JAPAN

LINE株式会社では、同社が保有する約528万人の国内最大級のアクティブな調査パネルを基盤とした、スマートフォン専用のリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」を運営しているが、このたび、日本全国の15~59歳の男女を対象に、好きなスニーカーブランドについて調査を実施。その結果を発表した。 ※調査結果の詳細は文末に記したLINEリサーチの調査メディア「リサーチノート」で確認可能だ 一番好きな「スニーカーブランド」ランキング 普段スニーカーを履くかについての質問では、「よくはく」「たまにはく」と回答した人が全体でみると9割弱、「よくはく」と答えた人の割合は男女ともに30代が最も多く、74.1%が「よくはく」と回答した。 そしてスニーカー好きが気になるのはやはり「一番人気のブランドはどこか」ということではないだろうか。結果は、男性の一番人気は「アディダス」、女性の一番人気は「ニューバランス」という結果に。「ナイキ」は男女ともに2位で性別問わず人気が高いことがわかった。 「コンバース」は女子人気が高い様子で、3位にランクインした。5位を見ると、男性は「アシックス」、女性は「プーマ」と、それぞれ違うブランドがランクインしており、人気のブランドには男女で差があるようだ。 グラフにはないが、年代別の傾向では、スニーカーを「よくはく」割合の高かった30代では、男女ともに「ナイキ」が1位、「ナイキ」は10代男女でも1位という結果に。 また、男性で一番人気だった「アディダス」は、男性の各年代で上位だが、特に20代と40代以上で人気が高い傾向で、女性の一番人気だった「ニューバランス」も同様の傾向となった。

スニーカーを選ぶときに重視していること

スニーカーを選ぶときに重視していることを聞いてみたところ、やはり「はき心地のよさ」が各年代で1位だった。年代が高くなるにつれてその傾向は強く、また男性よりも女性の方が重視する人の割合が高くなっている。 10代から30代の女性は「自分の服装との合わせやすさ」がランクインしているのが特徴。実用性だけではなくオシャレアイテムとしてスニーカーを取り入れていることもわかる。 また、「デザイン/形」「色/カラーリング」も女性の方がより重視している傾向。加えて、女性は「価格が手ごろ」であることも重視している割合が高いことから、価格とのバランスも気にしながら、自分の好きなデザインや色のスニーカーをファッションの一部としていろいろな角度から検討して選んでいるようだ。 【調査について】 LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査 調査対象:日本全国の15歳~59歳の男女 実施時期:2020年5月28日~31日 有効回収数:5252サンプル 調査結果の詳細:「LINE リサーチ」公式サイト

PR TIMES

【関連記事】