Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

殺人未遂容疑で男7人逮捕 切り付けられ技能実習生けが 三重県警

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
伊勢新聞

 【三重郡】ベトナム人の技能実習生を包丁で切りつけてけがをさせたとして、三重県警捜査一課と四日市北署は9日、殺人未遂の疑いで、川越町に住むカンボジア人の男7人を逮捕したと発表した。  逮捕されたのは、タン・トゥーン・エイー(20)▽ミアス・サンポース(28)▽ソック・ミエン(27)▽チャイム・チンダ(25)▽マム・コサル(22)▽ロン・パット(25)▽プウ・ロン(30)―の7容疑者。  逮捕容疑は8月23日午後8時10分ごろ、同町高松の堤防道路で、四日市市内に住むベトナム人技能実習生の男性(30)を包丁で切りつけるなどし、肩や腰に加療2週間のけがをさせた疑い。  同署によると、容疑者らは知人同士。7人とも「殺意はなかった」と否認している。ベトナム人男性との面識はなかったといい、同署は現場で何らかのトラブルがあったとみて動機などを調べている。

伊勢新聞