Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

カターレ、新ピッチで初練習 本拠地の県総合運動公園陸上競技場改修

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
北日本新聞

 J3カターレ富山は12日、3月下旬に改修工事を終えた本拠地の県総合運動公園陸上競技場(富山市南中田)で初めての練習を行った。  同競技場は2019年11月から約4カ月間にわたって、芝の張り替えやスプリンクラーの設置などサッカーをしやすい環境にするため整備が続けられてきた。  選手たちは雨が降る中、新しいピッチの上で、シュート練習や紅白戦など実戦形式のトレーニングを中心に行い、6月27日の開幕に向けて調整した。  安達亮監督は「今までに経験したことがないくらい素晴らしいピッチ。これだけ状態がいいと目指すパスサッカーがやりやすい」と語った。キャプテンの今瀬淳也は「プレーしやすく、整備してくれた人の気持ちも感じた。それに見合ったプレーをして必ずJ2に昇格したい」と意気込んだ。 

【関連記事】