Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ネット銀行で住宅ローンを借りたい! メリット・デメリットを解説

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ファイナンシャルフィールド

ネット銀行で住宅ローンを借り入れる人が増えています。今回はネット銀行で住宅ローンを組むメリット、デメリットをご紹介しますので、住宅ローンを借り入れる参考にしましょう。

ネット銀行で住宅ローンを組むメリット

住宅ローンは、都市銀行や地方銀行などの普通銀行、信用金庫などのほか、ネット銀行でも借り入れできます。 ネット銀行とは、店舗を最小限にしてインターネット上や電話などだけで取引を行える形態の銀行のこと。一般的な銀行に比べてコストがかからない分、金銭面や手続き面でのメリットがあります。まずはネット銀行で住宅ローンを借り入れるメリットについてみていきましょう。 低金利で住宅ローンを借りられる ネット銀行は、都市銀行や地方銀行に比べて、住宅ローンの金利が低く設定されています。実店舗を持たないネット銀行は、銀行の地代や人件費などが削減できます。また、テレビCMを放送する都市銀行など異なり、ネット広告を中心に運営しているので、広告費や宣伝費に多額のお金をかけずに済みます。このように経費を削減することで、低金利の住宅ローンを提供できるのです。 繰り上げ返済手数料がかからない ネット銀行の一部繰り上げ返済には、手数料がかかりません。頻繁に一部繰り上げ返済を行いたいときに手数料がかかると大きな負担になります。ただし、全額繰り上げ返済の場合は、手数料がかかる銀行もあります。自分が借り入れる予定のネット銀行の手数料がいくらなのか、事前に確認しましょう。 オンライン上で手続きが完了する 店舗がなく、インターネットで取引を行うネット銀行は、住宅ローンの手続きもオンライン上で完了します。住宅ローンの手続きは、平日に店舗に出向かなければなりません。仕事で平日に休みがとりにくい方にとっては、不便に感じるでしょう。 一方で、ネット銀行では手続きをオンライン上で行えるので、わざわざ平日に休みを取る必要がなく、都合のいい日時に契約が行えます。また、対面の煩わしさがなく、自分のペースで進められることもメリットといえるでしょう。

【関連記事】