Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

中田英寿を上回る天才に起きた悲劇。 リーガに「ぶっとんだ自信」で挑んだ

配信

webスポルティーバ

リーガに挑んだ日本人(1)  日本人がスペイン、リーガ・エスパニョーラに挑戦する――。それはもはや日常と化している。 【画像】サッカー番組で人気! 鷲見玲奈アナの厳選インタビューカット集  乾貴士(エイバル)、久保建英(マジョルカ)はトップリーグで活躍を遂げ、柴崎岳(デポルティーボ・ラ・コルーニャ)、岡崎慎司(ウエスカ)、香川真司(サラゴサ)は2部リーグで奮闘し、安部裕葵はバルサBから虎視眈々とトップデビューを狙う。名門レアル・マドリードの下部組織では、今年17歳になる中井卓大が研鑽を積んでいる。  今やスペインで、日本人選手は珍奇な存在ではない。  だがかつて、これが夢物語に近い時代があった。昔話というほど昔のことではない。21世紀に入って、徐々に先人たちが足を踏みしめ、"開拓"してきた。  その先駆けになったのは、当時、日本サッカー界で「天才」の名をほしいままにした男だった――。  1993年、日本で開催されたU-17世界選手権で、その男・財前宣之は頭角を現している。グループリーグ3試合(ガーナ、イタリア、メキシコ)すべてでマン・オブ・ザ・マッチを受賞。さまざまな球種を蹴り分けるセンスは、称賛の的だった。日本のベスト8進出に貢献して大会ベストイレブンにも選ばれる。攻撃的MFとしては、その後イタリア代表として活躍することになるフランチェスコ・トッティを凌ぐ評価だった。

「中田(英寿)はよく言っていました。『ザイ(財前)が見本だった」って』  当時、U-17代表コーチだった小見幸隆氏はそう証言していた。 「ザイのような天才がいたから、中田も刺激を受けた。右に切り返す動きひとつをとってもスルーパスにつながっていて、センスに驚かされました。U-17代表でも圧倒的なうまさで、練習でデモンストレーションをするのは、いつもザイでした。中田はそれを体育座りで見ていましたね」  中田に限らず、宮本恒靖も松田直樹も、凡庸に見えたという。たとえば、自陣から敵陣に長いボールを蹴り込んでの攻撃で、財前はアウトサイドでスピンをかけてボールを蹴り、タッチラインを割らずにコントロールできた。インサイドでは、当たり前のように蹴ることができた。  17歳だった財前が狙っていたのは、Jリーグではなく世界デビューだ。そこで高卒と同時にヴェルディ川崎(現東京ヴェルディ)と契約したまま、イタリア、セリエAのラツィオへ留学。ユース在籍だったが、アレッサンドロ・ネスタもいた環境で、ズデネク・ゼーマン監督からトップ練習参加も許されていた。

【関連記事】