Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

広島・石原慶幸【引退会見】印象深い黒田氏の存在「投げている姿や存在感が記憶に」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリースポーツ

 今季限りでの現役引退を発表した広島の石原慶幸捕手(41)が16日、引退会見を開いた。チームの3連覇にメジャーから復帰した黒田博樹氏、阪神から復帰した新井貴浩氏の存在が大きかったと振り返り、そのうちの黒田氏からは引退に際して、「『お疲れさま』というのと、まだ現役生活があるから、頑張ってという言葉をかけていただきました」と声をかけられたと明かした。以下、会見の一問一答。 【写真】2016年の名シーン 完封勝利の黒田と抱き合う石原慶  (冒頭)「今シーズンをもって引退する事を決めました。今までありがとうございました」  -引退をいつ決断したのか。  「年を重ね、そのシーズンごとにやっぱり、勝負だと思っていたので考える事はありました。最終的に決めたのは2軍に落ち1軍に上げていただいた、そのへんです」  -こういう事ができなくなったなどはあるか。  「年々試合に出る機会は減ってきました。そこがどうかは、自分でもわからないんですが、試合をベンチで見ている中で、若い選手と一緒に練習する中で、自分がどういう立場かはわかっていました。そういうのを踏まえて決めました」  -誰かに相談は。  「してないです。自分で決めました」  -家族の反応は。  「お疲れさまという言葉をいただいた。急に伝えたという感じではなかったので、もしかしたら近いうちに、というのは事は話をしていたので」  -苦しい時代を経て3連覇があった。チームが変わる過程をどう感じたか。  「入団してからなかなか勝てずBクラスが多かった。3連覇できたきっかけは黒田さん、新井さんが帰って来られたのが大きいと思う」  -チームはどう変わっていったのか。  「チームのために、っていう気持ちがすごくて、今の選手もそう思ってやってくれていると思います。やっぱり投手陣の中での一番上の黒田さんであったり、野手で一番上の新井さんであったりが、自らそういうのを示してくれていた。本当に若い選手に良い影響になった」  -3連覇した。  「ずっと勝てない時期があった。自分の中では25年ぶりの優勝がすごく印象深い。3回ともいろんなうれしさはありますけど、一番記憶に残っています。ずっと勝てない時期は自分も責任を感じていましたし、申し訳ない気持ちがあった。やっぱりその試合が記憶に残っています」  -球団の捕手としては最多1619試合に出場した。  「自分の中では、必死に過ごした時間だった。何でできたかは、自分ではよくわからない。1つは幸いな事に大きなケガもなくプロ野球生活を送れたというのはあります」  -捕手の醍醐味(だいごみ)は。  「よく言われるように一人だけ反対向きに座り、全部が見渡せるポジションで試合を動かせる。そこが醍醐味(だいごみ)」  -印象に残っている投手は。  「本当にいろんな投手の球を受けさせてもらった。誰がって一人を選ぶのは難しいですけど、僕の中では黒田さん。投げている姿や存在感が記憶に残っています。まさかもう1回、一緒にユニホームを着てやれるとは正直、思っていなかった。一緒のチームで戦えるチャンスをもらえて、一緒に戦って優勝できた。その思いもあります」  -黒田投手から教えられ印象に残っている事は。  「チームがどう勝つか、そのために自分がどうするか、っていうのを常に考えて来られた方だったので、一番にそれを教えていただきました」  -黒田投手への連絡は。  「自分が決断したときに伝えました。自分が決めた事だったら『お疲れさま』というのと、まだ現役生活があるから、頑張ってという言葉をかけていただきました」  -前田健太投手(ツインズ)がSNSで寂しいと言っていた。  「ツイッターであったりは、うとくて。記事で知ったんです。本当にいろんな賞を逆に僕も取らせてもらった。そういう存在の投手。そういう投手がメッセージをくれるのはすごくうれしいし、ありがたい事です」  -打撃面ではサヨナラの印象が強い。  「何とかその試合に勝てるようにと意識しました。サヨナラと言っても、打てた試合もありますし、僕の場合は死球もありました。スクイズ、いろんなサヨナラを経験させてもらったのですごく良い経験。良い思い出になりました」  -今後チームがこうあってほしいというものは。  「今はテレビで試合を見る事が多いですけど、選手はすごく頑張っているのがわかる。後輩たちはとにかく、すごく良い選手がいるので本当に。3連覇したチームと今のチームは違うと思うけど、そのときの気持ちだったり雰囲気だったりはみんな覚えていると思う。カープというチームは、みんなで同じ方向を向いて戦って行く事で勝って行く。頑張ってほしいです」  -引退後のビジョンは。  「全く決まっていません」

【関連記事】