Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「この人がお笑い辞めちゃダメだと思って…」東京03飯塚が“負け続け芸人人生”から飛躍した出会い

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
新R25

人間っぽい「ダメなところ」を、どうしても面白がってしまう

乾: 東京03を結成して、調子が上がっていくわけですが、やっぱり、角田さん加入は大きな出来事でしたか? 飯塚さん: もちろん。ほんと、角ちゃんはすごいんですよ! 僕らがやろうとして出せなかった人間の本質的な笑いみたいなものを、一手に担ってくれた。 乾: コントを見てて思うんですけど、角田さんの「負け役」みたいな役回りがいつも面白いですよね。 飯塚さん: 多分、僕の性格が悪くて。 そういう「人間のダメな部分」が漏れ出てる人を見るのが大好きなんですよね。 ちょっとプライドが高くて、恥ずかしいところを見せちゃった人がそれを隠そうとしてるのを見て「うわ~!隠してる~!」って。 嫌いになるんじゃなくて、面白がっちゃう。 たとえば、僕らの単独ライブネタで「スマイルハウジング」って不動産のコントがあるんですけど。 あれは当時のマネージャーがモデルになってて。その人は、自分ができないことに対して「全然できます」みたいな感じでくるんですよね。 当時はそれがすごい嫌で、「よくないよ」って注意もしたし、かなりストレスだったんですけど…数年たったら、そのときのことをちゃんと面白いネタにできた。 そういう人間のダメな部分の面白さを、コントの舞台で、演技で表現できるのが角ちゃんなんですよ。 乾: なるほど、飯塚さんの思う「人間の面白さ」と、角田さんのキャラクターがバッチリハマったんですね。 ちなみに、飯塚さんご自身のダメなところや失敗も面白がれるものですか? 飯塚さん: そうなんですよ! それこそ、個人的な勝ち負けで言うと「負け」にあたるエピソードとか、自分がすごく嫌な思いをしたことも、東京03としては違う捉え方ができるようになった。 乾: 違った捉え方って… 飯塚さん: 「これ、コントにできるかも…」って。 乾: コント師の鑑ですね…! コントで「負け」を克服してしまった!? 飯塚さん: 克服したかはわかんないですけど(笑)。 少なくとも、毎年の単独ライブでやるコントの元になったりはしてますね。 あのライブをやり続けてきたから、今の仕事があるとも思うし。 乾: 負けからコントが生まれ、コントからライブ、ライブから仕事が生まれる… 「負けた経験」の捉え方ひとつで、自分の仕事の糧に変えられたんですね。

【関連記事】

最終更新:
新R25