Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

実売2万円台でコンパクトなモバイルディスプレイを試して分かったこと

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ITmedia PC USER

 USB Type-C/HDMI両対応のモバイルディスプレイの中で、15.6型に次いで徐々に数を増やしつつあるのが、13.3型の製品だ。横幅が40cm弱にもなる15.6型と違って横幅は30cmちょっとで済むだけでなく、カバーと合わせると1.5kg近くにもおよぶ15.6型と異なり、重量も1kg以下で済むことがほとんどだ。 【写真】14型のThinkPad X1 Carbon(2019)と並べたところ  そのような中、13.3型のモバイルディスプレイに、家電量販店ノジマの「エルソニック」ブランドから新製品「EK-MD133」が登場した。実売価格が税込みで2万円台という、リーズナブルな価格が特徴のモデルだ。今回実機を借用できたので、どのような製品なのか、過去にレビューした13.3型モデルと比較しながら見ていこう。 ・モバイルディスプレイ特集【第1回】14型モバイル液晶「ThinkVision M14」を試す 【第2回】実売2万円前後とお得な15.6型の「PM161Qbu」を試す【第3回】タッチ操作に対応した15.6型の「Vinpok Split」を試す【第4回】15.6型液晶「Xtendtouch XT1610F」はモバイラーの救世主となるか【第5回】15.6型で4K解像度対応の恵安「KIPD4K156」を試して分かったこと【第6回】MSI初となるモバイルディスプレイ「Optix MAG161V」を試す【第7回】USB Type-C接続専用のASUS「ZenScreen MB16ACE」を試す【第8回】13.3型と小ぶりなアイ・オーの「LCD-CF131XDB-M」を試す【第9回】大迫力の17.3型モバイルディスプレイ「ROG Strix XG17AHPE」を試す【第10回】13.3型モバイルディスプレイ「UQ-PM13FHD」は完成度の高い一品【第11回】実売2万円台で全部入りの13.3型「EK-MD133」をチェック ←本記事【番外編】予算1万円で300グラムのモバイルiPad Retinaディスプレイを作ってみた

【関連記事】