Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

死亡率でアメリカを上回る欧州にコロナ第2波の予感

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ニューズウィーク日本版

<現在、欧州の新型コロナによる一日あたり死亡者数が横這いになっているが、冬に向けての第2波で死者数が増加する、WHOは警告している>

ヨーロッパの新型コロナウイルスによる死亡者数は9月15日の時点で22万5900人に近づいている。そして10月、11月には死亡者の数が増加する恐れがある、とWHO(世界保健機関)は警告した。【スー・キム】 【動画】ドイツで行われた大規模な反マスク運動 欧州では感染拡大の第2波に対する恐れは消え去っていない。「厳しい状況になるだろう。10月、11月には、今よりも死者の数が多くなるだろう」と、WHOの欧州担当ディレクター、ハンス・クルーゲ博士は14日にAFPに語った。 クルーゲの警告の翌日にあたる15日にWHOが発表したデータによると、スペイン、イギリス、イタリアを含む欧州諸国の人口100万人当たりの死者数は、アメリカよりも(100万人あたり583.44人)より多い。 100万人当たりの新型コロナウイウルス感染症による死者数のトップ12カ国のうちヨーロッパの国は半分を占める。スペイン、イタリア、イギリス、ベルギー、アンドラ公国(フランスとスペインの間にあるミニ国家)とサンマリノ共和国(イタリアのなかにある小国)だ。 アメリカは世界で最も死者数が多いが、人口100万人あたりの死者数では、南米(ペルー、ブラジル、チリ、ボリビア、エクアドル)の5カ国を含む11カ国よりも少ない。

<8月から死者数は上昇> アメリカでは1日あたりの死者数の7日平均が4月下旬から7月上旬にかけて減少し、8月上旬からゆっくりと増加に転じた。人口統計の専門サイト、ワールドメーターがまとめたデータによると、9月以降の1日の平均死亡者数は、ほぼ減少している。 100万人当たりの新型コロナウイルスによる死者が多い国 (WHO、9月15日時点) サンマリノ: 1237.55人 ペルー: 931.34人 ベルギー: 856.37人 アンドラ: 685.95人 スペイン: 636.23人 ボリビア: 629.14人 チリ: 628.42人 ブラジル: 619.24人 エクアドル: 619.05人 イギリス: 613.2人 イタリア: 588.97人 アメリカ: 583.44人

【関連記事】