Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

田崎史郎氏、菅首相の就任会見を「安倍総理時代と比べてスタイルが変わりました。プロンプターを使ってない」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
スポーツ報知

 17日放送のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・前8時)で、自民党の菅義偉総裁(71)が衆院本会議の首相指名選挙で第99代首相に選出され、菅内閣が発足したことを特集した。  番組では就任会見を報じ、菅首相は「最優先の課題は新型コロナ対策」など新内閣の方針を掲げた。  スタジオで政治ジャーナリストの田崎史郎氏は「昨日の会見を見ていて、安倍総理時代と比べてスタイルが変わりました。プロンプターを使ってない。かつ、中身も安倍総理の場合だとキャッチーな言葉を入れて見出しに取らせようみたいな、作り込みをやっていたんですけど、それがほとんどないです」と指摘した。  一方で「紙を読む場面が目立って、安倍さんの対比ではいいんですけど、慣れてくるとちゃんと読めよっていう声がおきかねないなと思いました」とコメントしていた。

報知新聞社

【関連記事】