Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

関口雄飛、日本初の公道レースに参戦「1年ごとに成長していってくれたら嬉しい」|A1市街地グランプリGOTSU

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
motorsport.com 日本版

 島根県江津市の江津駅前で、日本初の公道レース”A1市街地グランプリGOTSU 2020”が開催された。そしてこのレースには、現在スーパーGTやスーパーフォーミュラで活躍中の関口雄飛も参戦した。 【ギャラリー】日本で初めての公道レースが実現! A1市街地グランプリGOTSU2020(随時更新)  関口はA1市街地グランプリのオフィシャルアンバサダーを務めるなど、早くからこのレースに関与してきたひとり。初の公道レース走行を前に、次のように語っていた。 「歴史的な瞬間になります。街の人たちもすごく協力してくれているんで、どんどん大きくなっていくと思います。みなさんが受け入れてくれているという雰囲気を感じたので、それが一番嬉しいです」  そのレースでは、関口は残念ながら11位に終わったものの、今後の展開に期待を抱いたようだ。 「来年以降に向けて、非常にポジティブだと思います。無事に終わってくれてよかったですが、これで終わらず、来年以降もっと成長してくれたらと思います」 「今後はクルマももっと速くなると思いますし、コースも大きくなる。そうすれば参加人数も増えるし、関わる人数だって増えてくると思います。1年ごとに成長するイベントになってくれたら嬉しいですね」  そう今回のイベントを称賛する関口だが、課題となる点はないのだろうか? あえてそれについて尋ねると、彼は次のように語った。 「課題は特にないですね。コースレイアウトをこうした方がいいとか、ちょっと跳ねるとか、そういう細かいところはあります。初めてのイベントとしては、ちょっと出来過ぎなのではないでしょうか? タイムスケジュール通りにいっていますし、すごいなと思います。普通初めてのイベントは、何かあるモノなんですけどね……」  本来ならば関口は、この週末はル・マン24時間レースに参戦しているはずだった。しかし、新型コロナウイルスの影響による渡航制限の影響で渡仏できず、このA1市街地グランプリに参加することとなった。 「身体が空いている限りは、貢献したいなと思います」  関口はそう締めくくり、今後のA1市街地グランプリの発展に期待を寄せた。

田中健一

【関連記事】