Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【MLB】筒香嘉智、1番スタメンで6戦ぶりマルチ メジャー初の三塁打&中前打で打率2割復帰

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Full-Count

右翼手の打球処理が遅れる間に三塁へ

■レイズ 2-1 オリオールズ(日本時間19日・ボルチモア)  レイズの筒香嘉智外野手は18日(日本時間19日)、敵地のオリオールズ戦で「1番・指名打者」で先発出場した。前日17日(同18日)のオリオールズとのダブルヘッダー第1試合に続いて2日連続の1番で起用されると、5打数2安打2三振で打率.200と2割に乗せた。チームは2-1で競り勝ち、地区首位をがっちり守った。 【動画】ファン「相変わらず変化球打ちの天才」 レイズ公式ツイッターが公開した筒香の7号ソロの実際映像  初回先頭は見逃し三振。1点リードの3回先頭で結果を出した。フルカウントから、右腕コブのフォーシームを右越えへ。右翼スチュアートがグラブで弾いて打球処理が遅れる間に三塁まで進んだ。メジャーで初の三塁打となると、1死となったあと、ロウの右前適時打で生還した。  5回先頭は三ゴロ。7回1死一塁では中前打を放ち、今季7度目のマルチ安打を記録した。9回無死一塁は見逃し三振。ポストシーズン進出を決めているチームは3連勝として地区優勝に前進した。

Full-Count編集部

【関連記事】