Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

直らない「噛みグセ」は飼い主さんの対応が原因!?子犬期から気を付けたい噛み予防

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
いぬのきもち WEB MAGAZINE

子犬期のしつけで悩む人も多い、犬の噛みグセ。飼い主さんが誤った対応を続けていると、成犬になってますます噛みグセの激しい犬になってしまうことも。 今回は、飼い主さんが悩みがちな噛みグセのケースを3つ紹介! 「犬がどのようなきもちで噛んでしまうのか」、「飼い主さんがどのように対応すればいいのか」も専門家の先生が解説します。 ※噛みグセの対策は危険を伴います。不安を覚える方は、愛犬が噛んでくるときの力の強さにかかわらず、ドッグトレーナーや行動治療にくわしい獣医師に相談しながら行ってください。

ケース1 知らない人が家に来ると噛んでしまう!

家にお客さんが来ると、誰に対しても噛もうとします。いつもはクレートなどに入れずフリーにさせていますが、来客時は夫婦のどちらかが愛犬の体を押さえるようにしています。そうしないとお客さんに方に行き、噛んでしまうので……。(大阪府/Zさん)

噛む犬の気持ち

来客に対して吠えたり噛んだりするのは、「知らない人が家に来ること」が苦手な証拠。原因のひとつに、社会化不足が考えられます。愛犬の気持ちに寄り添って、無理に来客と対面させないことも大切です。愛犬は、知らない人が苦手だと理解しましょう。

噛み癖を直すための対策

家族以外の人と、同じ空間で落ち着いて過ごす経験を積んで、知らない人と一緒にいても怖くないということを分かってもらうようにしましょう。既に噛みグセがついている犬に対しては大事があってはいけないので、しつけ教室などで必ず専門家のサポートを受けて、慣れさせるように。お客さんを噛む恐れのある犬は、来客時に愛犬を別の部屋に移動させておくのがベスト。

ケース2 愛犬の相手をしていないときに噛んでくる!

家にいるときは「愛犬を自由にさせてあげたい」とサークルから出していますが、テレビを見ているときにときどき噛んでくるので困っています。また部屋を移動するときも、かまってほしいのか、高確率で噛まれますね……。 (東京都/Oさん)

噛む犬の気持ち

犬がサークルの外に出て自由になっているときに、飼い主さんの関心を引こうとして噛む行動は、子犬期によく見られる自然な行動です。その時に飼い主さんが反応していると、「噛めば反応が得られる」と犬が覚えて、成長しても関心をひくために噛む行動を繰り返します。

【関連記事】