Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「必ず帰ってきます」代替品で新発売“あおのり”に書かれた熱いメッセージ…込めた思いを聞いた

配信

FNNプライムオンライン

「必ず帰ってきますから」話題のメッセージ

ふりかけやお好み焼きなど、日本の食卓には欠かせない“青のり” そんな青のりのパッケージに書かれたメッセージが心を打つと今、Twitterで話題になっている。 【画像】「青のり」と「あおのり」…のりの違いを比較 まずはそのメッセージを見てもらいたい。 三島食品が品質に自信をもってお届けしてきたすじ青のりを伝統の青いパッケージで作る事ができなくなりました。国内産地での記録的な不漁が続いた為です。 陸上養殖をふくめ原料確保につとめていますがしばらく時間がかかりそうです。 その間、今できる精一杯の青のりを準備しました。 でも待っていてください。必ず帰ってきますから。 「必ず帰ってくる」という熱いメッセージの横には、青色のパッケージの「青のり」という商品の写真が載っている。 メッセージを記載しているのは、「ゆかり」のふりかけで有名な三島食品株式会社が製造・販売する新商品「あおのり」。 ひらがなで「あおのり」と書かれている緑色のパッケージで、焼きそばやお好み焼きなど各種料理の薬味やふりかけとして使える、国産の青のりだ。 実は発売したばかりの「あおのり」は、6月末で休売した「青のり」の代替え商品として誕生した。 休売した「青のり」では、特に香りが強く、色が鮮やかな緑色になることから高級品とされるスジアオノリを使用していたが、新商品「あおのり」ではウスバアオノリやヒラアオノリを原料として使用しているという。 なお、スジアオノリは主に調理用として使われ、収穫量の減少と共に高級な肉と引けを取らない価格で取引されているそう。ウスバアオノリやヒラアオノリはポテトチップスなどの菓子に使用されることが多いという。 この三島食品の熱いメッセージは、Twitterでも話題に。 同社の「青のり」を愛用しているというサガノちゃん!(@saga_no)さんが、メッセージ部分と2つの商品写真と共に「裏面に切なくも愛しいメッセージ書かれてたよ…読んでほしい…」などとTwitterに投稿したところ、「会社の矜持が感じられて素晴らしい」「誠意とプライドを感じます」といったコメントが並び、3万以上のいいねの反響があったのだ。 不漁により原料確保ができていないと書かれたメッセージ。そこで休売するのは分かるが、なぜ新商品として新たな「あおのり」を発売したのか? そして「でも待っていてください。必ず帰ってきますから」に込められた思いとは? 三島食品株式会社・広報担当の佐伯俊彦さんに話を聞いた。

【関連記事】