Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「配球を丸々覚えている」フジ中村光宏アナが衝撃受けた阿部慎之助&小林誠司の対談

配信

Full-Count

高橋由伸氏の東京六大学リーグ新記録となる本塁打をスタンドで見ていた中村少年

【野球を好きになった日22】  本来ならば大好きな野球にファンも選手も没頭しているはずだった。しかし、新型コロナウイルス感染拡大防止のため各カテゴリーで開幕の延期や大会の中止が相次ぎ、見られない日々が続く。Full-Countでは選手や文化人、タレントら野球を心から愛し、一日でも早く蔓延する新型コロナウイルス感染の事態の収束を願う方々を取材し、野球愛、原点の思い出をファンの皆さんと共感してもらう企画をスタート。「私が野球を好きになった日」の第22回は、フジテレビでスポーツニュース番組「S-PARK」などを担当するフジテレビ中村光宏アナウンサーだ。 【写真集】弾けんばかりの笑顔も… 「S-PARK」などで活躍するフジテレビ宮司愛海アナ写真集  プロ野球をはじめ様々なスポーツを広く取材、実況し、2018年4月からは「S-PARK」のメインキャスターとなった中村アナにとって野球は身近な存在だった。物心がついた時には、その手にボールとグローブがあり「父親との遊びといえばキャッチボールの記憶しかないです」。父と祖父の影響で自宅のテレビに映るのは巨人戦。「夜は大相撲を見て、その後は野球を見るというのが日常でした。4番だった原辰徳さんがいつもホームランを打っていた記憶があります」。子供の頃は野球が日常だった。  とはいえ、野球を本格的に始めたのは中学生になってから。小学生の時は発足したばかりのJリーグのブームに乗って地域のサッカーチームへ入った。それでも「『MAJOR』とか『タッチ』『H2』などの野球漫画を見て、やっぱり野球は面白そうだな、と」。中学生になって一転、野球部へ。当時は二塁手。現在TBSに勤める井上貴博アナウンサーと二遊間を組んでおり「井上は小学校のときから天才野球少年と呼ばれていました。足も速く、肩も強い。守備も抜群に上手い。でもヒットは僕の方が打っていた気がします(笑)」と当時を振り返る。  この中学生の頃に中村アナは大きな“出会い”をする。1年生の頃に初めて見に行った東京六大学野球。慶応大の4番を打っていたのが高橋由伸氏だった。たまたま観戦した試合で高橋氏はリーグ新記録を打ち立てる本塁打を打った。「スポーツってこんなに人を興奮させてくれるんだ、感動を与えてくれるんだと感じたのが、スポーツ選手に憧れたきっかけです」。湧き上がるスタンドに、中学1年生だった中村アナは大きな衝撃を受けたという。  この時に覚えた感動が就職活動をする時の志にも繋がった。「スポーツが好きだったので、もしアナウンサーになれたら、スポーツに関わりたいという思いはありました」。フジテレビ入社後はスポーツアナウンサーとして野球に限らず様々なスポーツの実況を担当し、2年前からは「S-PARK」のメインキャスターにも抜擢された。

【関連記事】