Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

利用しているポイントサービス1位は「Tポイント」、貯めやすさ・使いやすさは「楽天スーパーポイント」

配信

ネットショップ担当者フォーラム

ネットエイジアは、ポイントサービスの利用実態や意識について調べた「日本人のポイント活用に関する調査」結果を公開した。最も利用されているポイントサービスは「Tポイント」で、ためやすさ・満足度では「楽天スーパーポイント」となった。 調査対象者は20歳~49歳の男女2,000名、調査期間は2020年1月24日から1月27日。  

利用しているポイントサービス

■ 最も利用しているのは「Tポイント」 利用しているポイントサービスについて聞いたところ、トップは「Tポイント」(65.7%)。「楽天スーパーポイント」(60.2%)、「Pontaポイント」(46.6%)、「dポイント」(34.8%)が続いた。 2019年2月に行った調査結果と比較すると、利用率が5ポイント以上増加したサービスは、「楽天スーパーポイント」(2019年の54.4%から5.8ポイント増加で60.2%)、「dポイント」(2019年の28.5%から6.3ポイント増加で34.8%)、「LINEポイント(LINE Pay)」(2019年の17.7%から5.3ポイント増加で23.0%)。なかでも「LINEポイント」は2019年の9位から2020年は6位と大きく順位を上げた。 ■ 今後も利用したいサービスは「楽天スーパーポイント」 今後も利用したいサービスについて聞いたところ、最多は「楽天スーパーポイント」(73.3%)で、「JALマイレージクラブ」(59.9%)、「dポイント」(58.8%)と続いた。 利用しているサービスでは2位だった「楽天スーパーポイント」がリピート意向度でトップとなった。  

ポイントのため方

■ 「店舗での買い物」や「ネットショッピング」でポイントをためる ポイントサービス利用者にどのようにポイントをためているか聞いたところ、「店舗で買い物をして」(84.9%)が最も高く、「ネットショッピングをして」(73.2%)。「飲食店を利用して」(36.2%)、「携帯電話・公共料金の支払いで」(27.3%)が続いた。 実店舗やネットでの買い物でポイントをためる人が多いこともわかった。また、携帯電話や公共料金の支払いで自動的にポイントがたまっているという人も少なくない。 ■ ためやすさでも「楽天スーパーポイント」が1位に ポイントがためやすいと思うサービスについて聞いたところ、「楽天スーパーポイント」(70.9%)が最多。「Tポイント」(48.2%)、「dポイント」(44.1%)と続いた。 また、普段の買い物での貯めやすさも同じく「楽天スーパーポイント」(61.5%)がトップだった。 ■ 保有ポイント平均額は14,670円。失効額「わからない」人が多数 ポイントサービス利用者に現在保有しているポイントを聞いたところ、多かった回答は「1,000円~3,000円未満」(13.6%)、「5,000円~10,000円未満」(12.1%)、「10,000円~30,000円未満」(12.2%)。最も多かった回答は「わからない」(17.8%)だった。 「わからない」と回答した人以外の保有ポイントの平均額は14,670円となった。 ポイント失効額について聞いたところ、「わからない」(49.6%)と回答した人が約半数。金額を回答した人の中で最も多かったのは「100円未満」(16.9%)で、平均額は5,993円。 上記の結果から、ポイント保有額・失効額ともに意識していない人が少なくないことがわかった。