Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アップル、「Apple Watch Series 6」「Apple Watch SE」を発表

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Impress Watch

 アップルは、「Apple Watch Series 6」を発表した。これまででもっとカラフルなシリーズになる。9月18日(金)に発売される。 【この記事に関する別の画像を見る】  あわせて手頃な価格になるという「Apple Watch SE」も発表した。Series 3も併売される。  価格は、Apple Watch Series 6が4万2800円(税抜、以下同)~、Apple Watch SEが2万9800円~。既存モデルのApple Watch Series 3は1万9800円~。セルラーモデルが用意されるのはSeries 6とSEのみ。 ■Apple Watch Series 6  最新モデルのApple Watch Series 6は44mmか40mmのケースサイズが用意される。スペースブラックチタニウム、ゴールドステンレススチール、100%再生のシルバーアルミニウムなどがラインアップ。カラーバリエーションのなかには(PRODUCT) REDも含まれる。またNikeモデル、Hermèsモデルも選べる。  チップはS6 SiPで、後述するSEのチップよりも20%高速。超広帯域のU1チップも搭載する。Bluetooth 5.0に対応。Wi-Fi(IEEE802b/g/n)。対応するLTEバンドは1、2、3、4、5、7、8、18、19、20、25、26、28、39、40、41、66。  4つのLEDと4つのフォトダイオードを装備。緑と赤のLED、赤外線LEDが手首の結果を照らし、その反射光から手首から血中酸素濃度(SpO2)を測定できるようになった。血中酸素濃度を計測できるのはSeries 6のみ。就寝中にも測定できる。なお、医療での仕様や、医師の相談・診断を目的としたものではなく、健康管理や運動に活用する目的で搭載される。  心拍計測では、最も高いとき、最も低いときを検知。異常があればアラートを出す。  睡眠計測では、毎晩の睡眠パターンを記録する。  運動計測では、ランニング、水泳、ヨガ、サイクリングなど多彩なワークアウトをサポート。運動量を示すアクティビティリングで、日々の運動量を管理できる。アクティビティは友人や家族と共有できる。7日間、友人とアクティビティを競いあうこともできる。  単体での音楽再生もサポート。  watchOS 7を搭載。チップセットはA13で、これまでより20%高速化する。  常時表示Retinaディスプレイを採用。手首を下げた状態でも以前の2.5倍の明るさという。手首を下げているときでも見やすく、スリープ解除のために手首を上げる必要はないとアピール。下にスワイプすると通知センターが表示され、上にスワイプするとコントロールセンターが示される。  高度の計測もでき、どこにいても血中の酸素を計測できる。  文字盤(ウォッチフェイス)は今回もバリエーションが拡充された。ストライプ、ミー文字、アーティストとコラボしたものなど多岐に渡る。  50mの耐水性能を備える。Apple Payも引き続き利用できる。  ソロループ、レザーループ、スポーツループといった新しいバンドもラインアップ。  このうちソロループは、シリコーンゴムと、シリコーン糸に1万6000本を超える再生素材のポリエステルフィラメント糸を織り込んだブレイデッドという2つの素材が用意されるほか、9つのサイズから選べる。一般的な時計のバンドと異なり、輪の形で成型されており、事前に手首を計測して、自分に合ったサイズのソロループを買うことになる。  セルラーモデルでは、単体での通話、メッセージもできる。音声アシスタントのSiriも利用可能。 ■Apple Watch SE  Apple Watch SEは、手頃な価格帯の製品として用意される。44mm、40mmというケースサイズが用意され、シルバー、ゴールド、スペースグレイという3つのカラーが用意され、いずれも100%再生アルミニウムとなる。  Retinaディスプレイ搭載でそのサイズはSeries 6と同じ。こちらも9月18日に発売される。  チップセットはS5デュアルコアSiP。転倒検出、緊急SOSといった機能も用意される。LTEの対応バンドは1、2、3、4、5、7、8、18、19、20、25、26、28、39、40、41、66。  運動計測のアクティビティリングはもちろん利用できる。50mの耐水性能を備え、スイミングも記録できる。ランニング、ヨガ、サイクリング、ダンス、高強度のインターバルトレーニングといったワークアウトも楽しめる。距離、ペース、ラップ、ケイデンス、消費カロリー、心拍数、高度を記録できる。音楽も再生できる。心拍計測では、最も高い数値、最も低い数値を検知し、アラートを出す。睡眠計測で、日々のパターンも記録できる。内蔵コンパスで、iPhoneなしでもApple Watchで道案内を利用できる。  このほか音声アシスタントのSiri、Apple Payもサポート。  あわせてアップルでは、Apple Watch向けの新機能「ファミリー共有設定」を発表している。本誌では別の記事でご紹介する。ファミリー共有設定は、Series 4以降で利用できる。またスペック表記上、ファミリー共有設定は、現時点では、auのみ対応となっている。

ケータイ Watch,関口 聖

【関連記事】