Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

SUVブームの恩恵を受けるのは「トヨタ」だけだった! RAV4・ハリアー・ライズなど販売上位を独占できた理由とは

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEB CARTOP

2019年から2020年にかけてSUVの新型投入が相次いだ

 SUVは、日本を含めて世界的な売れ筋カテゴリーになり、各メーカーとも力を入れている。このなかでも特に注目されるのがトヨタだ。近年の動向を見ると、2016年にC-HRを発売したあと、2019年に国内販売を中断していたRAV4を復活させ、ダイハツ製OEM車のライズも発売した。2020年6月にはハリアーをフルモデルチェンジして、8月にはヤリスクロスも加えている。 【写真】トヨタ・ライズがバカ売れもセールスマンが喜べない理由  とくに新型車の投入が激しいのは2019年から2020年で、SUVを一気に4車種増やした。ほかのカテゴリーではヤリス、カローラセダン&ツーリング、スープラ、グランエースも加えたが、SUV比率が高い。  しかもこれらのSUVは販売が好調だ。ライズは2020年1~6月の小型/普通車登録台数ランキングで1位になった。7/8月はヤリスが1位だが、2位は守っている。ハリアーは売れ筋価格帯が340~500万円の高価格車だが、販売ランキングの上位に入った。  RAV4は発売直後に比べると順位を下げたが、それでも中堅から上位に位置する。SUV限定の登録台数ランキングを見ると、2020年8月時点で、1位はライズ、2位はハリアー、3位がRAV4だ。これに続く4位もC-HRだから、トヨタがSUVの上位を独占した。  そしてC-HRの次に入るのは、ライズの姉妹車になるダイハツブランドのロッキーだから、SUV市場はトヨタに乗っ取られた構図だ。  ロッキーのあとに続くSUVはマツダCX-30、ホンダ・ヴェゼル、マツダCX-5という具合。かつて人気の高かったヴェゼルも、今では発売から6年以上を経て落ち込んだ。

トヨタ以外のメーカーはSUVブームに乗れていない

 日産キックスは注目度の高い新型車だが、2020年8月時点では納車が進まず、登録台数は売れ行きの下がった日産エクストレイルと同程度だ。販売店にキックスの納期を尋ねると「2020年9月上旬の契約で、2021年の2月から3月」という。この調子では1カ月当たりの登録台数も伸び悩み、販売ランキングの上位に入ることは考えにくい。仮に受注が好調でも、登録と納車が進まないのでは、好調に売れたことにならない。  以上のように、いまはSUVが順調に売れる貴重なカテゴリーなのに、トヨタ以外のメーカーはブームに乗れていない。そのためにトヨタの1人勝ちになった。  過去を振り返ると、市場動向を見極めた上で複数の新型車を一気に投入して、需要をゴッソリ一人占めするのはトヨタが得意な戦略だ。ミニバンの普及期も、同様の方法で売れ行きを伸ばした。今はそれがSUVで繰り返されている。  そして最近はSUV以外のカテゴリーでもトヨタの新型車が活発に投入され、ヤリスとカローラシリーズは販売ランキングの上位に入った。その結果、国内で販売された小型/普通車の約50%がトヨタ車になっている。  この背景には、軽自動車に偏った売れ方もある。2020年1~8月において、国内で新車として売られたクルマの37%が軽自動車だった。しかもダイハツやスズキだけでなく、ホンダ車の52%、日産車も42%が軽自動車だから、小型/普通車の販売に力が入らない。  軽自動車が多く売れた結果、粗利の多いSUVを逃がす本末転倒は、今の国内販売を象徴しているだろう。国内に注目して戦略を立てないから、売りやすい軽自動車だけが増えて、SUVを含む小型/普通車はトヨタに牛耳られてしまった。

渡辺陽一郎

【関連記事】