Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

タコせん、フレンチ、焼肉、中華…愛知県常滑市の“美食の女神”と“一番おいしいもの”を探す旅!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CBCテレビ

毎週月~金曜日の夕方、CBCテレビで放送している情報番組【チャント!】。木曜日の人気コーナー『なりゆきアフロ』は、アフロヘアーがトレードマークの副島淳くんが、出会った人に「街のおいしいもの」を聞いて東海地方の125市町村を巡る、なりゆきグルメ旅! 今回の舞台は愛知県常滑市。伊勢湾に面する街でどんなグルメに会えるのでしょうか?

住宅街を歩いていると、地元で理容室を営む親子とお客さんが副島くんを見て驚いている様子。話しかけてくれた皆さんに質問します。 副島くん:あなた方にとって、この街で一番おいしい食べ物は何ですか? 息子さん:えびせんべい。大野町(おおのまち)駅の真ん前に【津多屋】さんがありますよ。 お客さん:タコをべちゃーん!とやったヤツな。 と、タコをプレスする様子を真似て教えてくれました。 この辺りはせんべい屋が多く、【津多屋】もえびせんべいが名物のお店ですが、オススメの“タコをべちゃーんとやったヤツ”を求めてお店へ!取材OKをいただきました。

【津多屋】の『たこせんべい』

大正2年創業の【津多屋】は、100年の長きにわたって昔ながらの製法で丁寧におせんべいを焼いています。

一番人気は、伊勢湾で獲れた新鮮なアカシャエビを使った『二度焼きえびせん 松風』(305円/税別)。一度焼いてチップを作り、さらにもう一度焼き上げることで素材の風味が引き立ち、香り高いせんべいに仕上げています。 副島くん:ひと噛みでエビの香りが広がりますね。ちょっと病みつきになりそう!

カウンターに目を向けると、例の“タコをべちゃーんとやったヤツ”を発見!

タコを丸ごとプレスした『たこせんべい』(800円/税別)は、タコそのままの味を堪能できる姿焼き。 ※たこせんべいの価格はサイズによって変わります

店の人:わざと半生に焼いているので、おつまみ感覚で召し上がってください。 副島くん:すごく薄いタコぶつを食べているような感じ。お酒が進みますね!

【関連記事】