Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

西川貴教・高橋みなみらのメッセージに反響 ジャパネット、急転直下の啓発CM制作

配信

マイナビニュース

賛同タレントが無償で出演

最近、西川貴教が「手洗いうがいをとにかく徹底していきましょう」、高橋みなみが「せっかくの時間をできる範囲で楽しい時間に変えていきたい」と呼びかけるメッセージをテレビでよく見かけないだろうか。一見、「ACジャパン」のようにも思えるが、これは、通信販売大手のジャパネットたかたが制作したCMだ。 【写真】AKB48卒コンの高橋みなみ 広告料を払って購入したCM枠で、新型コロナウイルス感染拡大防止を啓発する取り組みに、SNSでは「ジャパネットのCMが素晴らしい」など評価する声が相次いでいるが、どのような経緯で実現したのか。ジャパネットホールディングス広報室 室長の今井愛氏に話を聞いた――。 ■タレントが自宅でスマホ撮影 同社では、6月頃から展開予定だった企業ブランディングCMの準備を進めていたが、この企画が詰めの段階に来た3月中旬、「世の中がこういう状況で、『伝える』ことを大切にしている企業として、できることがあるのではないかという話が出まして、進めていた企業ブランディングの企画をストップして、今回の“#今だから”の企画がスタートしました」(今井氏、以下同)。 このCMは、2つの軸で制作。「1つは、少しでも気持ちが前に向くことができるメッセージ。もう1つは、今正しく何を行動すればいいのかということ。インターネットで不安を煽るような情報が出たり、テレビのニュースを見て心配になってしまったりする方がいる中で、シンプルに“今だから気付けること”と“今だからやるべきこと”という2つの軸を作って、1つのCMとして流すことにしました」。 通常キャンペーンCMは、3~4カ月の時間をかけて制作するそうだが、今回は3月17日に企画が持ち上がり、13日後の同30日に特設サイトをオープンし、4月6日にはテレビCMの放送がスタートするという実に迅速な対応。 自宅にいるタレントらに、自身のスマートフォンでの撮影を依頼する形を基本として、「この企画にご賛同いただける方に、無償でご出演いただいています」といい、快諾してくれたそうだ。 ■メッセージの内容はおまかせ 西川、高橋のほか、さだまさし、早見優、原愛梨、新羅慎二、加藤登紀子、Mr.マリック、サッカーの吉田麻也選手、V・ファーレン長崎の手倉森誠監督という面々が登場しているが、メッセージの内容は、「こちら側から『こういうことを言ってください』というのは決めず、ご本人の率直な想いをいただけるようお願いしました」とのこと。 中でも、西川が「ハッピーバースデートゥーユー」の歌をアカペラで2回歌い、手洗いでその時間をかけることを啓発するバージョンには「インパクトが強いので、『子供が一緒に見て、ちゃんと手洗いに気持ちが向くようになった』といった反響もあり、私たちが目指していた具体的なアクションにつながったことで、良かったなと思います」と手応えがあった。 この映像はYouTubeにもアップされ、累計再生数は50万超(4月28日現在)。だが、「インターネット上での広がりはもちろん大事ですが、どちらかと言うとインターネットにあまりなじんでらっしゃらない方に広く伝えるためにテレビCMにこだわっている」という考えを持っているだけに、同日現在でテレビでの放送回数は200回ほどとなっている。

【関連記事】