Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

NHK戦後75年特番 山田洋次、吉永小百合、坂本龍一ら、戦争の記憶を語り継ぐ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 NHK総合で8月24日、『戦後75年特集 戦争童画集~75 年目のショートストーリー~』(後10:00~10:45)が放送される。戦後75年の今年、新型コロナの中で次々と中止に追い込まれる平和教育。そんな中、山田洋次、吉永小百合、坂本龍一ら一流のクリエーターが結集し、オムニバス形式でストーリーを並べて、戦争の記憶を語り継ぐ。 【写真】長澤まさみ、蒼井優、黒島結菜なども出演  山田洋次監督は初めて朗読劇に挑戦。長澤まさみは、広島に原爆が投下された8月6日、その時を生きた一人の女性の物語を朗読。被爆した少女を失った物語を加藤健一、蒼井優が演じる。  そして、黒島結菜・芋生悠のコンビが演じる沖縄戦の壮絶なドラマ。ひめゆり学徒として戦場に向かった2人の女性の苛酷な戦いと友情の物語。さらに、橋本環奈、松下由樹、田中要次が家族を演じるドラマも。  番組を案内するのは、日本を代表する映画俳優・吉永小百合。米ニューヨークの坂本龍一とリモートでコラボレーションし、平和の詩の朗読も披露する。  番組に寄せて吉永は「戦後75年の今年、戦争を知らない子供たちにあの戦争のことを伝えるのは、とても大切な事だと思います。けれども、コロナ禍の中で、子供たちは平和学習も出来ないという現状があります。そんな今、『平和をみんなで 作っていく』という思いを子供たちに伝えたい、家族で戦争のこと、平和の大切さを語り合ってほしい、そして戦後という時代が続きます様にと、私は切に願っています」とコメントしている。  なお、関連番組として、今月29日、総合『クローズアップ現代+』(後10:00~10:30)で「戦後75年 語り次ぐために」(仮)を放送。武田真一、宮田裕章(慶應義塾大学医学部教授)、芋生悠(俳優)が出演する。

【関連記事】