Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

東急SレイエスFC U-18 阪本洋平監督【前編】「チームからクラブへ」

配信

高校サッカードットコム

 中学生・高校生年代を対象とし、サッカーはU-18、フットサルはU-15まで活動の幅を広げている東急SレイエスFC。横浜市青葉区を活動の拠点にし精力的に活動を展開している。2019年度に立ち上げたU-18チームの監督の阪本洋平氏にお話を伺った。 【フォトギャラリー】東急SレイエスFC U-18 ――2019年度に立ち上げたU-18チーム。阪本監督が就任した経緯を教えてください。  完結に申し上げますと、会社の方針です(笑)。我々のクラブの場合、最終的には運営会社である東急スポーツシステム株式会社の人事に左右されることになりますが、U-18立ち上げに際して、社内的な承認を得る流れからチーム登録、選手獲得のためのセレクションからスカウティング、新しく迎え入れるコーチングスタッフの招聘に至るまで、様々な準備を主に私自身が担っていたこともあり、何の実績もないチームを進路として選択してくれた選手たちへ責任感を持って就任させていただきました。 ――2019年度は更にU-15のフットサルチームも立ち上げておられます。大きな改革の一年ですね。  2019年度はU-18やフットサルU-15の立ち上げのみならず、U-12以下のスクールもレイエスブランドへ一新し、それまでサッカーのU-15年代のみで活動していたレイエスが「チームからクラブへ」生まれ変わるタイミングでもありました。それに伴いクラブのミッションやビジョン、哲学から価値観、プレーコンセプトや指導メソッドなどを改めて見直し、俗に言われている「プレーモデル」を構築して真の一貫指導を目指す体制へと動き始めました。  そんな中でまったく未知となる年代へ挑戦するに当たり、もちろんレイエスには高校生年代をシーズン通してフルタイムで指導した経験のあるスタッフも不在である中で、大きくクラブが踏み出す一歩目を外部人財から採用させていただく選択ではなく、その「年代」よりも「レイエス」を知る者へ任せるべきだという前提の中で、監督を任せる人間の選択肢は多くは無かったということです。挑戦が大好きなクラブなので。私を含めて(笑)。 ――「挑戦」に踏み込める裏づけとして、やはり着実なクラブとしての歴史は切り離せません。クラブに2005年から携わっている阪本監督から見たクラブの歩み、また今後のビジョンなどを教えてください。  クラブの歩みですね?長くなりますよ?(笑)。  私自身、このクラブで指導者としての歩みもスタートさせていただきました。スクールのアシスタントコーチとして働き始めて2週間ほどした時に、声を掛けていただきました。ちょうどシーズンの変わり目の時期で、一人コーチが辞められることによりいただいたお話でした。今、指導者を始めて2週間のコーチにジュニアユースの監督を任せることはなかなか想像できないので、当時と今の間にあるその違いがクラブの歩みを表しているのかなと振り返ります。  2005年当時は毎日の練習がフットサルコートで行われ、ほとんどの監督がスクールをフル(約4時間)で指導した後に、休まず中学生の指導に入っているような環境でした。ただ選手にもスタッフにも、情熱と野心がみなぎる環境で、フットボールを追求しようとする姿勢に溢れていました。聞くところによると、もちろん2000年の設立当初からそのような空気ではなかったようで、今思うと私はクラブが「変わろう」としているタイミングにちょうど巡り合えたのかもしれません。  この時の、環境や現状に甘んじることなく少しでも良くなってやろう、何かを勝ち取ってやろうというイズムは、その後も決して絶やすことなくレイエスに関わる人間の根幹として継承されていくことになりました。選手もスタッフも数多くの失敗や衝突を重ね、時にはセレクションの選考会議で口論になったり、涙したり...私が(笑)。次の日の朝に帰ることになったときもありました。見方によってはそんな中で犠牲になってしまった選手もいるかもしれませんが、一歩ずつ目に見える形でクラブは成長していくことになります。  次回、クラブの歩みを更に掘り下げる。

【関連記事】