Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Jリーグ・サガン鳥栖でクラスター発生。コロナ第2波との闘い「対応の難しさ」痛感

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

スポーツ界が、新型コロナウイルスによる感染第2波に襲われている。 プロ野球では、8月1日に福岡ソフトバンクホークスの選手が新型コロナの感染が判明し、翌2日の埼玉西武ライオンズ戦が中止となった。その余波で2軍戦5試合が中止となっている。他チームからも、球団スタッフの感染者が判明している。 【全画像をみる】Jリーグ・サガン鳥栖でクラスター発生。コロナ第2波との闘い「対応の難しさ」痛感 プロ野球以上に第2波に苦しめられているのがサッカー・Jリーグだ。 チーム内からの感染者が判明し、7月26日のJ1(1部リーグ)第7節・名古屋グランパス対サンフレッチェ広島、8月2日のJ2第9節・大宮アルディージャ対アビスパ福岡、8月12日のルヴァンカップグループステージ第3節サンフレッチェ広島対サガン鳥栖が開催中止となっている。 特に苦しい状況にあるのが、サガン鳥栖だ。まず8月10日に金明輝監督の感染が判明。それに伴い、選手・スタッフ89人を対象にPCR検査を実施したところ、8月12日に、トップチームのスタッフ3人と選手6人から陽性反応が出た。

クラスター発生を防げなかったのか?

8月12日夜に急遽、オンライン会見を開いた、サガン鳥栖の竹原稔社長は、佐賀県がチームでクラスター発生していると発表されたことを明かし、「今は感染をこれ以上広げないために、より強固な自粛を行う。行政指導による濃厚接触の洗い出しに協力していく」と話した。 8月12日からトップチームの練習など活動自粛とし、8月25日まで実質休止となる方向だ。Jリーグからの正式な発表は13日午前11時時点でまだないが、期間内にあるサガン鳥栖の公式戦は中止となる可能性が高い。 サガン鳥栖のコロナ禍のチーム活動では、普段の練習から、マスク着用や三密回避の行動を義務づけていたという。 「クラブハウスのロッカールームでは、100%、マスクを着用しているし、ロッカールームは3箇所に分けていた。起こるべくして起こったと思われるかもしれえないが、選手はクラブハウスと家しか行ってないですし、監督も厳格に行動していた。コロナの対応の難しさがある」(竹原社長) とはいえ、結果的にクラスターが発生し、8月8日には鹿島アントラーズとも試合をしている。報道陣から竹原社長に対して、認識や対策が甘かったのではないかという厳しい声も出ていた。 今回の発表を受けて、鹿島アントラーズ側は、13日にPCR検査の実施とスタジアムの消毒作業を発表している。

【関連記事】