Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

銅スクラップ 7月以降の需要大幅減

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日刊産業新聞

 7月以降、銅スクラップの大幅な需要減が見込まれる。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、主要な売り先である伸銅メーカーに6月以降は生産調整の動きが広がる可能性が高いためだ。一方で市中のスクラップ発生も急減しており、直近は特に1号銅線や新切れ黄銅セパなどのウワ物でひっ迫感が深刻になっている。メーカーと長期契約を結ぶ原料問屋(直納問屋)は、先の需要減を確信しながらも足元は高値買いによる薄利商売を強いられ、厳しい状況に追い込まれている。

【関連記事】