Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

夏の甲子園が失われた意味と損失を改めて考える

配信

Wedge

 「やはり早まったのではないか」  5月20日に夏の甲子園、第102回高校野球選手権大会を中止にした高野連に対し、巷ではいまだにそんな声がくすぶっている。

 タイミングが良かったのか、悪かったのか、中止発表の翌日、21日には阪神甲子園球場のある兵庫県、大阪府、京都府で緊急事態宣言が解除。その当日、吉村洋文・大阪府知事が″見直し論″の先陣を切るように、府庁での定例会見でこう発言した。  「僕自身はやってほしかったですね。高野連はリスクを取るべきではないか。考え直してほしい。大会開催は球児の進路にも関わるということもあり、何とか実現できなかったのかと思います。コロナ(新型コロナウイルス)の感染症対策を取りながら、自分たちが目標として、夢として追いかけてきたもの、大阪大会は実現できないかという思いです」  さらに、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県でも緊急事態宣言が解除された同月25日、今度はNPB(日本野球機構)と12球団代表者オンライン会議で、プロ野球のシーズンを6月19日に開幕することを決定。世間からも「プロができるのなら高校野球だってできるだろう」という声がにわかに高まった。  その翌日、5月26日には、最近テレビでお馴染みのコメンテーター、岡田春恵・白鴎大教授(元国立感染症研究所研究員)もテレビ朝日『羽鳥慎一モーニングショー』で夏の甲子園に言及。本来、スポーツは″専門外″であるはずにもかかわらず、こう言っている。  「甲子園って、本当にできないんでしょうかね。高温で、野外で、UV(紫外線)が燦々としていて、到底ウイルスが感染伝播するとは思わないので、無観客で、できれば多少形を変えてでも、高野連の方々には(球児たちに)チャンスを与えて頂けたらな、と思います。ウイルス学的には(高校野球の試合は)昼間ですし、UVが強いし、問題ないなって誰もが思うんじゃないか、と思うんです」

【関連記事】

最終更新:
Wedge