Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

三菱ふそう、EV小型トラック「eCanter」を大手国際物流業者DBシェンカーに36台納車

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Impress Watch

 三菱ふそうトラック・バスは10月15日、大手国際物流業者のDBシェンカーへEV小型トラック「eCanter」の新型モデル36台を納車すると発表した。 【この記事に関する別の画像を見る】  140年以上の歴史を有し、世界の物流産業を主導する企業の1つであるDBシェンカーは、2019年に世界130か国のおよそ2100の拠点と7万6900人を超える従業員により、総売上高170億ユーロ(約2兆954億円)を達成。総合ロジスティクス企業として、4万5000台以上の車両をヨーロッパで稼働させている。  そのヨーロッパの陸上運送業界を牽引するDBシェンカーは、2018年から持続可能戦略の一環として所有車両にCO2を排出しないEV小型トラックeCanterを導入し、ベルリンをはじめとする欧州の主要都市においてeCanterを利用した近距離配送を行なっている。  今回の発表により三菱ふそうトラック・ヨーロッパのトラマガル工場(ポルトガル)で生産している36台のトラックは、今後数か月にわたり各国のDBシェンカー運営拠点へ納車され、DBシェンカーは2020年末までにeCanterの保有台数が合計41台となり、稼働範囲も11か国へ拡大される予定という。  また、今回の導入は三菱ふそうトラックにとって、フィンランド、オーストリア、スペイン、イタリアの4市場への初導入となる。  三菱ふそうトラック・バス 代表取締役社長・CEOのハートムット・シック氏は「ゼロ・エミッションの36台のeCanterによって、DBシェンカーとのパートナーシップを次のレベルに進めることができ、大変うれしく思います。私たちはともに、都市部での物流の電動化をさらに進め、ヨーロッパの都市で騒音や空気汚染を減らすことに貢献します」と述べている。  三菱ふそうトラック・バスはEV小型トラックeCanterを2017年に世界初公開。都市部での騒音や排出ガス、CO2低減の課題解決として開発し、納車台数は今回の納車を含めて2020年末までに200台超えを予定。同社は2039年までに日本国内へ導入する全ての新型車両を走行時にCO2を排出しないCO2ニュートラル化にするビジョンを掲げていて、排出ガスが出ないeCanterはそのビジョン達成において重役を担っているという。

Car Watch,編集部:塩谷公邦

【関連記事】