Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

オリラジ藤森も参加!USEN-NEXT宇野社長×サイバー藤田社長がネット草創期の舞台裏を語る<LIVE配信>

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

日経電子版の人気連載企画「ネット興亡記」がドラマ初主演のオリエンタルラジオ・藤森慎吾でドラマ化、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で現在独占配信中だ。その第1話にインタビュー出演したUSEN-NEXT HOLDINGSの宇野康秀社長とサイバーエージェントの藤田晋社長による、特別トークセッション「ネット興亡記 特別トーク『動画バトル勃発』」が、5月26日(火)16時よりLIVE配信されることが決定した。 【写真を見る】トークセッションする宇野社長(USEN-NEXT HOLDINGS)と藤田社長(サイバーエージェント) 「ネット興亡記」の第1話「ネットバブルの攻防」では、サイバーエージェント創業期の藤田社長の苦闘と藤田社長を支援する宇野社長との交流が描かれており、現在2人はネットメディアとして、それぞれABEMA、U-NEXTを展開するライバルでもある。今回行われる「特別トークセッション」では、「ネット興亡記」で描かれた草創期の舞台裏や動画配信事業の未来の「興亡」について語る予定だ。 さらに、このトークセッションに、ドラマで主演・新聞記者の杉山役を務めたオリエンタルラジオ・藤森慎吾が緊急参加することも決まった。自身のインタビューで「ほぼこの仕事は起業家みたいなもの。自分が会社の社長だと思っている」と、ドラマのテーマである起業家についてある種のシンパシーを感じることを明かしていた藤森と2人のコラボに注目が集まる。 ■ 宇野康秀(USEN-NEXT HOLDINGS 社長) 1963年生まれ。明治学院大卒。88年リクルートコスモス入社、89年インテリジェンス設立。98年大阪有線放送社(後のUSEN)社長に就任。2010年退任、USENの映像配信事業を継承し、U-NEXT社長に就任。17年12月、U-NEXTとUSENの経営統合により現職。 ■ 藤田晋(サイバーエージェント社長) 1973年生まれ。青山学院大卒。98年にサイバーエージェントを創業。26歳だった2000年、当時の史上最年少社長として東証マザーズへの上場を果たす。ブログサービス「Ameba(アメーバ)ブログ」や、インターネットテレビ局「ABEMA」を運営する。14年にはプロも多数参加する「麻雀最強戦」に初出場して優勝するなど、マージャンの実力はプロ級。(ザテレビジョン)

【関連記事】