Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<バカリズム>オリジナル脚本「殺意の道程」をWOWOWで連続ドラマ化 井浦新とダブル主演

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MANTANWEB

 お笑い芸人のバカリズムさんが脚本を手がけるWOWOWの連続ドラマ「殺意の道程」が放送されることが8月2日、分かった。バカリズムさんと井浦新さんがダブル主演を務めるサスペンスコメディーで、2人はテレビドラマ初共演。 【写真特集】バカリズム原案・脚本のドラマが3年ぶり再始動 

 ドラマは、復讐(ふくしゅう)を目的に“初めての殺人”に挑む従兄弟(いとこ)同士が主人公のサスペンスコメディー。ある日、小さな段ボール加工会社の社長・窪田貴樹が自ら命を絶った。彼を自殺に追い込んだのは貴樹の会社が下請けをしていた取引先の社長・室岡義之。室岡の口車に乗せられた結果、貴樹は多額の負債を抱え、会社は倒産。全てを失い絶望した貴樹はビルの屋上から投身した。貴樹の息子・窪田一馬(井浦さん)は司法では裁かれない室岡への復讐を心に誓う。そして、貴樹が息子のように可愛がっていた一馬の従弟・吾妻満(バカリズムさん)と室岡殺人の完全犯罪を企てる……という物語。

 「住住(すむすむ)」「架空OL日記」でバカリズムさんとタッグを組んだ住田崇監督が全7話の演出を務める。11月9日から毎週月曜深夜0時にWOWOWプライムで放送。第1話は無料放送。

 バカリズムさんと井浦さんのコメントは以下の通り。

 ◇バカリズムさんのコメント

 ーー今回、サスペンスコメディーの脚本を手がけた思いをお聞かせください。

 普通のサスペンスドラマでは省略されるような部分を、細かく描いたら意外と面白いんじゃないかと思って書いてみました。

 ーー井浦新さんとは初共演となりますが、撮影はいかがですか。

 企画書の段階で一馬役は井浦さんにやっていただきたいと思っていて、正式に決定する前から勝手に当て書きで脚本を書いていたので、引き受けていただいてほっとしています。井浦さんとは年齢も近いので、空き時間にマンガやテレビの話をしたり、とても楽しく撮影しています。

 ーー視聴者へのメッセージをお願いします。

 一応、サスペンスコメディーとはいっていますが、多分あまり見たことがないタイプの変なドラマになっていると思います。面白いので、必ず最終話まで見てください。

【関連記事】